昨日発表の新型コロナ新規陽性者数は


 【速報】東京都、新たに49人感染 3日連続で今年最少 重症者は62人

   大阪府の新規感染者49人 前週同曜日より47人減


奇しくも 東京・大阪同数の49人であった。間違いなく大幅に減った。

しかし その減った原因が・・・・・・わからない。
にもかかわらず専門家さんたちは警鐘を鳴らし続けて 第6波に備えよという。。。。。。。



こんな指摘が

 減った理由も説明できない人たちが第6波に備えることを説く


この記事から引用すると

  コロナ感染症陽性患者の急激な減少にも関わらず、専門家と称

  する人たちは、第6波に備えて病床確保が重要だと言う。

  一部の自称専門家は、感染者数の予測を大きく外してきたにも

  かかわらず、今も専門家と称して滔々と述べている。8月末には

  東京都だけでも1万人を超えるとの予測は大外れで、8月下旬から

  想像を超える減少となった。

 「学校が始まるので急速に子供の感染が拡大する」といったリスク

  の声もかき消すような信じがたい激減だった。

中略

  減った理由も説明できない人たちが、第6波に備えることを説くの

  は、ほとんど漫画の世界だ。昨年のコロナ感染流行以降、日本の

  コロナ対策に科学があったのか、是非、新内閣で検証して欲しい

  ものだ。もっともらしい説明はしているが、一般人でも推測でき

  るような後追いの説明でしかない。感染対策の第1弾のPCR検査抑制

  で躓いた後は、自らの非を改めることなく、自粛・人流抑制と、

  理不尽なまでの飲食店叩きしかなかったように思う。

全く 中村氏の言うとおりである。専門家さんたちはきちんと答えてほしい。


そして 更にこんな記事が

 コロナ病床確保の病院、補助金で黒字拡大…実際には受け入れ困難なケースも


Capture 019


政府専門部会の会長の所属する病院もそうであるとの指摘が出ている。これについてもきちんと説明を聞いた覚えがない。


 患者を受け入れずに補助金を受け入れ黒字になる病院・・・・・・・・

とにかく 新型コロナ関連の「専門家」は矛盾に満ちているとしか言いようがない