先般 SKYPEがメモリを暴消費?? 原因不明   No1590 で書いた件だが 少し改善したようなので御報告しておきます。

  

症状的にはSKYPEを立ち上げると 特に表示回りでエラーが出ると言うものでした。この症状は会社でも自宅でも(ディスプレイ回りの環境が異なる)同じ様な物でした。


メモリの不足警告が出ます。

(「このコマンドを実行するのに十分な記憶領域が不足しています」等の)


小生のPCは32BitOSで使用しているので既にメモリは一杯の状態です。 

 

(8GB積んでいるので OSの管理する3.2GBと

 OS管理外の4.8GBになるがOS管理外はRAM

 ディスクとして使用し1GB弱はページファイル

 に当てている)

 

これ以上メモリを増やしても意味が無く 現状でやりくりしないといけないのですが?

 色々やってみました高速化を狙いOSのカーネルをメインメモリだけに常駐させていたのを仮想メモリに分けたり。。。。。。

 

 最終的には次の改善が効果がありました。

 

 RamPhantomeEXの時にも説明しましたが小生のR732ではメモリのOS管理外はGドライブ(バックアップ有り)はプログラムなどのドライブとして3.2GBを割りあてて Pドライブ(バックアップ無)には1.2GBを割り当てページファイルとTEMPフォルダをおいています。

そのPドライブにおいているページファイル(仮想メモリ)は16MB-800MBの可変(OS側が必要と判断したら容量を拡大する)で設定していました。

Photo

ココを800MBの固定に変更したのです。

Photo_2

 そうすると何とかSKYPEが立ち上がっていても他のソフトへ影響が出なくなりました。やはりSKYPEがメインメモリの一部を消費するのでしょうか?ページファイルにメインメモリの一部を移してやる事で症状が改善されたようです。






 先ほどから常駐ソフト過多の状態でこの記事を書いていますが何とか動作してくれています(700MBしか空きメモリが無くても 前回は1.2GBの残りでもエラーが発生していた)

 

(実はOSのカーネルもメインメモリのみ

 に常駐するように設定しています此を

 仮想メモリにも分担させる事で症状は

 少し軽微になります。)

 

この事に気がついてページファイルの大きさをあえて大きいもので事前に設定しておけばメインメモリの一部を積極的に仮想メモリに逃がしてくれるようで何とか現状動いてくれているようです。(SKYPE と Firefoxとを同時に動かしてもメモリアラーは起きない)

実際には会社で確かめないといけないと思うのだが残念ですが、本日から中国出張が入ってしまったのでその確認は木曜日以降になりそうです。

 

 仮想メモリとメインメモリのDATA他のやり取りはOSの管理なので、どう処理しているか小生は不明ですがエラー症状が改善した事だけは確かな様です。