2020年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨日朝 びっくり仰天した人も多かったかもしれない。

       30日午前9時36分、東京都心から500キロ以上南にある鳥島の近海を

       震源とする地震があり、気象庁は同38分、関東甲信や東海、東北の

       一部の広い範囲を対象に緊急地震速報を発表


    大勢の人の スマホが鳴り続けたと思う!!。

     (小生のも 地域指定で東京を入れているので いやーな音を鳴らした)


    しかし ほとんどの人は揺れを感じなかったようだ。


       緊急地震速報は「誤報」だった 気象庁が会見でおわび


    見出しは 「誤報」となっているが 現在のシステム上「誤報」とは言えない気がする。

    実は 今回よりもひどい地震としての速報が 4年前 奇しくもほとんど同じ時期である2016年8月1日 17:09に 出ている。

     (今回でも それについてツイートしている人も多かった)

    その時の記事である。

      肝を冷やしたレベルじゃない  ビックりっぎょうてん  No1929


    その時の小生のスマホでは 


      「東京湾で最大震度7 85秒後」


    の表示が出ていた記憶が。

    その時の スマホ速報画面がこれ


    image2016
    image2016-2



    その時も結局揺れなかったのだが 実は今回もその原因は同じ物だ。

    緊急地震速報のシステムはかなり高度な地震波形の観測 数カ所の測定点の際などから地震の規模 震源地を割り出しスマホ・放送業者・鉄道事業者等に一斉通知を行うシステムで まだまだ開発途上である。その為 ある種の波形を同時に2箇所以上受信するとあたかも大きな地震が来るような形で作動することが有る。


    前回も今回も ほぼ同時に2箇所で小さな地震があったようで システムがそれを1つの地震とご認識したため大きな地震としての速報を出しているようだ。


    上記記事で 小生はこう書いている


      これを完全に防ぐのは難しいだろう。 肝心の地震が来た場合に逆に

      通知が出来なくなる可能性が高くなるような気がする。

      その意味では今後も何度か誤報が来ることは覚悟していた方が

      よさそうである。


    2016年から4年間あって システムの改善も進んでいるのだろうが 基本的な部分は同じ形であろうから 
    こればかりは「誤報」と報道することが誤報では無いのか?と思う。


    報道機関もそれ

      そういう欠陥があっても その速報システムそのものは
      非常に有意義であるという事実
      情報を精査する前に速報を出さないと間に合わない。

    ということを正確に伝えることを心がけてほしいのだが??

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     昨夕の 小生のつぶやき




    毎日新規感染者** のニュースが並ぶが 陽性者の数だけを並べ立てることにどれほどの意味があるのだろうか???

     

     4-6月の第1四半期の決算や 2021年3月期決算見込みがぼつぼつ出始めているがとんでもない数字が並ぶ

      4-6月  JAL 対前年同期比売上 8割減

      4-6月  ANA 対前年同期比売上 75.5%減

      2021年3月期決算見通し  日産  6700億円の赤字

      2021年3月期決算見通し 三越伊勢丹HD 600億円の赤字


    そして 極めつけは これかもしれない


       20年度成長率、マイナス4%台半ば 政府見通し


    FireShot Capture 265


    このままでは 多くの企業が干上がってしまう。

    確かに 感染者が減らない状況でのGOTOトラベルキャンペーンは大きな問題を抱えていることは確かであるが そうしないことには 少なくとも観光地と呼ばれる地域の それに携わる人々はもはや息の根が止まる状態であることも確かだ。

     テレビのワイドショーでコメントだけを言えば 後は知らん顔の自称専門家・コメンテーターさんたちが 干上がった観光地に観光客を誘致してくれることなどありえない。

     

     いい加減にワイドショーも 
          そう言うことに気がつけよ!!

     と思うのだが。。。。


    年間マイナス4%の成長率・・・・・・・・・・   
    それは真恐ろしい数字だが。。。。


    その事に ワイドショーはいつ気がつくのであろうか??

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨夕のヤフートピックスには こんな見出しが

      7/28 17:47 ヤフートピックス

        大阪155人感染 過去最多に

          愛知110人感染 初の1日100人超


    FireShot Capture 254


    確かに新型コロナのPCR検査陽性者の数は増えているが 例えば 大阪の場合

     7/26 検査数1083件陽性者数141名 陽性率13.0%


    に対して


     7/28 検査数2081件陽性者数155名 陽性率7.4%


    で 何方の数字が問題かと言えば 7/26の陽性率13%のほうだとも思われるが??
     どうも報道はもっと単純な数だけしか・・・・・

    何度も本ブログで書いているが もはや PCR検査の陽性者数だけで論じるのは意味がないように思える。大阪でも東京でも 陽性者数の内かなりの人数が 無症状・軽症と言われている。他国でも 同様の傾向が出ていて 死亡者が減少しているとも。。。。。。。

    比較するのが正しいのかどうか判断に苦しむが


     日本国内でこの6ヶ月間で新型コロナで死亡した人   約1,000人

     通常考えて日本国内で半年間で死亡する人     約690,000人

         ( 合計特殊出生率、出生・死亡数の推移 から按分) 

             その率0.14%・・・・・・・・・・・・


    あまりにも マスコミ報道が加熱しすぎているように小生には思えるのだが??




    逆に この手の報道が少なすぎるとも


      ポンペオ長官“怒りの演説”が中国共産党に突きつけた「究極の選択」


    FireShot Capture 259 -


    アメリカは中国と本気で争うつもりのようで ファーウエイ・香港・南シナ海等々ですごい衝突が起きている。イギリス・フランス等もファーウエイの機器を締め出すようで 韓国・サムソンがアメリカを取るか中国を取るか 踏み絵を踏まされている状態でもある。

     日本も立つ位置を誤ればとんでもないことになりかねないのだが??
     報道でその手の記事を見ることが少なすぎるような???


     小生が 香港・中国との仕事上の関係があるから 気になる と言うこともあろうがあまりにも日本の報道が無対応のなのでは?? 報道のみならず日本政府の対応も 特に香港に対してはほとんど何もしていないような?


     上記記事を読めば アメリカの本気度が分かるような気がスルのだが?


    この先一体どうなるのか??

     新型コロナよりも小生は 中国動向が気になる!!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     連休明けの昨日(大阪は 連休中ほぼ毎日雨で中には風も強かった日もあった)業務開始で設備を動かそうとししたら ブレーカー落ちた。

     どうやら 強い雨で 外置きの設備(モーター)内部に湿気が侵入し漏電ブレーカーがそれを検知して遮断したようだ。


    FireShot Capture 251 - 漏電

    モーターのシャフトを少し回してサイドチャレンジするも同じ現象、こうなるとモーター内部の湿気を取るしか無いようである。 緊急で呼び出した電気技師のアドバイスを受けながら数十分間 ヘアードライヤーを2機回し続けて モーター内部に熱風をかけ続け なんとか回転させることが出来た。

    呼び出した 電気技師さんは 他の住宅からも漏電ブレーカーが落ちるとの呼び出しがあるとかで昼食も取らずに呼び出された住宅に向かわれた。ご苦労さまです。

     

     そう言えば 7月はじめにも建物の自動火災報知機機が誤作動したこともあった。これも長雨で湿度が上昇し 自動火災警報センサーの内部のホコリが湿気ったために誤警報を発信したようで 業者を呼んで自動火災警報のセンサーのチェックをしていただいた。

     その時も 業者の方はこの手の相談今年はかなり多いと話されていた。



    今年は 中国でも長雨が続き 長江の三峡ダムは大丈夫かと話題になっている。


     更に 今年は7/27現在 7月に発生した台風がない と言う珍現象が起こっているようだ。長雨なのに 台風はそれに関与していない。というのは日本の気象からしても非常にまれな現象では??? 

    (小生はそれを単純に「異常気象」と言う言葉で片付けるべきではないと思うが)


     どうも今年の長雨は 例年通りとは行かない手強い相手であったようだが まもなく梅雨も開けそうである。 これから小生とっては 嫌な汗をかいてしまうシーズン。。。。長雨も嫌だが汗かく暑さは・・・・・・・  そんなすでに夏バテが始まっているこやじである。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     4連休が終わった。小生この4連休中テレビでの新型コロナに関する報道を極力見ないようにしていた。テレビでの報道はことさら 新規感染者数(実のところ検査要請者数)が**人だ、増えた増えたとしか報道しないからである。検査する母数や検査する人の条件が、明らかに変わって来ているのにそれを加味しない数だけの報道に果たして科学的な意味があるのかどうか?

    結局 テレビでは最終的にそれを政権批判のツールとしてしか使用していないように思う。これはどうやら世界中の傾向で ことさらマスコミ批判を浴びたブラジル大統領もその一人であろう。

    (しかしながらそれでも支持率が落ちないのは ブラジル国民の意識が高いのか?低いのか?)


    確かに 安倍政権の対応が褒められたものでは無いのかもしれないが現時点で 緊急事態宣言を再発令していないことは 小生としては良いことだと思うが 世間的にはどうやら違うようでこのところ安倍政権支持率が落ちていることがその証明だろうか??

     

     実際テレビでは報道しないので 小生が厚生労働省のDATAから数字を抜き出してみた。

    今回第二波と言われるの4連休と第一波のピークであったGW時期との比較である。

    まず第一波

      4/15-29(基準期間2週間前)までの 新規陽性者数6207名

      4/29-5/5の重症者数 ピーク 328名(5/1)

             4/15時点からの重症者数増分 160名

      4/29-5/5の死亡者数 145名

             ピーク 5/3 34名   

    まず第二波と呼ばれる今

      7/5-19(基準期間2週間前)までの 新規陽性者数5360名

      7/19-7/25の重症者数 ピーク 68名(7/24)

             7/15時点からの重症者数増分 35名

      7/19-7/25の死亡者数 8名

             ピーク 7/21 3名   


    この数字だけ見れば感染後1-2週間で重症者・死亡者が増えると言われていた事を考えた場合明らかに今回のそれらの増え方は 第一波のそれとは異なるようだ。それについて報道しているテレビ番組はあったのであろうか??(見ていないからわからないが)


    我々が知りたいのは 政権批判の為の新型コロナの感染状況ではなく 現実にそれがどうなっているか??なのだが・・・・・・


    流石に そう言う動きに目ざといのであろうか?? ビートたけし氏は気がついたのかもしれない。

      ビートたけし、新型コロナの感染拡大に「経済を取るか命を取るかみたいなこというけど…何が正しい意見か分からない」


    FireShot Capture 248

    政権を批判だけすることは控えだしたようだ。


    相変わらず アゴラでは一貫して今の状況を楽観視していて経済優先である。

      新型コロナ「第2波」を恐れる必要はない


    数字だけ見れば そちらが正しいのではないかとも思うのだが 果たして真実はどうなんだろうか?

    このページのトップヘ