2019年03月

意識も途切れ途切れ   NO2896

 現在時刻は 2019/3/30 18:42:37  です。


意識が飛ぶ寸前でとりあえず帰宅したのが 17:00前  その後 完全に意識は混沌とし1時間ばかり寝ていたようです。熱い湯の洗礼を受け 少し意識は戻りましたが そのうち飛ぶような。。。。

  

 ということで無謀にも決行した花見のご報告。



とにかく 10:00には開始にこぎつけました。

火起こしは近年稀に見る上出来で パーフェクト!! とりあえずの駆けつけ一盃です。

IMG_4812


最初の食材は 

     海老!!!

IMG_4817

その後はグタグダ四方山話を 途中ゲストの参入を受け 


IMG_4819
午ごろは 日差しすらありました。その頃には3分咲ぐらいだったでしょうか?? その頃から記憶が。。。。。

IMG_4821



IMG_4822

 14:00過ぎには 雨がポツポツと   すばやく撤収し 場所を移して2次会を。。。。。。。。

(そこで完全に記憶が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)


というわけで なんとか雨をしのいでの 花見終了でした。

ここまで書いて 小生再び意識が混沌と・・・・・・・・・・・ということで皆様 おやすみなさい!!!

スポンサードリンク

無謀にも決行します  No2895

 本ブログの愛読者の皆様ならご承知のことだと思いますが、我が家では例年この時期の土曜日に 職場近くの公園で 花見と言う 野外飲み会を開催している。


昨年は 3月31日に開催したが 前日孫君とはじめてのふたり旅を行い興奮の絶頂にあった小生はその勢いそのままで飲み会に突入したもので 不覚にも メインディッシュたる牛肉をたらふく食べたと言う 本来の至極の幸福を 全くと言っていいほど記憶していない。


  これまた 素晴らし時間でした。   No2434

  桜花 兵どもが夢の跡  毎年のことなのですが  No2435


非常に残念であると 後になって感じる至極の時を過ごしたいたはずなのだが。

昨年の写真である このときはまだ意識はあった!!


img_3580



  

 さて 我が職場の周辺というか大阪では昨年より桜の開花が遅れている、しかし週を繰越4/6開催とするのは これ又 本日以降途中で大雨でも降れば葉桜見物になるのでは?との不安がよぎり 更に恒例を破り日曜に開催とすると翌日の業務に差し障るのではとのこれまた 高齢になりつつある我が身を憂うる気持ちから ここ数日悩ましかった。


 更に 身近な天気予報では 本日3/31は午後から雨 とのこれ又いやらしい予測・・・・・・・

 

Screenshot_2019-03-29 大阪(大阪)の天気 -

 しかし 最終的に 雨は15時以降であろうと 小生の勝手天気予報を立て 本日決行を決意したのは 昨日の正午過ぎであった。

  

 因みに 決行を決意した後 お昼休みに公園に覗きに行くと 中高生と覚しき集団が何グループか 花見という名のバーベキューを開催していて 結構いい匂いが立ち込めていた!!!


肝心の ソメイヨシノ(決して韓国起源ではないと強く主張するこやじであるが)の状況は?


まだまだ 1分から2分咲と言ったところであった!!。



IMG_4811


 残念ながら本年は孫君・娘の参加がないのであるが それがGWにとっておいての 平均年齢の異様に高い飲み会となる予定である。


 いつもの公園で開催しておりますので 本日午前中に本ブログを読まれたご常連の方で気の向く方が奇特にもいらしゃるのであれば 歓迎いたしますが・・・・・・・・・・・・

 前後不覚の折はご容赦頂ますよう 予めお断り申し上げておきます。


 それでは!!!!!!  行ってまいります!!!!!!

スポンサードリンク

又一つ 更に続いて 日系のエレクトロニクス No2894

今週の火曜日26日を最期に パイオニアが上場廃止になっている。

最期の株価は65円だったそうだ。




Screenshot_2019-03-28 「パイオニア」株式 最後の取り引き


かつては カーオーディオの雄として後部座席の後ろにロゴの入ったスピーカーを置くことが若い男性諸君のあこがれでもあった、その後は世界で最初のレーザーディスクのメーカーでもあり世界中にカラオケを普及させた功績者でも有る。はたまた 、1997年(平成9年)12月に世界で初めて民生用高精細50インチ型ワイドプラズマテレビを発売した(42型ワイドプラズマテレビは同年11月に富士通ゼネラルが世界で初めて発売)メーカーでも有る。パネルを自社生産できる数少ない日本メーカーの一つであり(ただしチューナーは他社からのOEM)、擬似輪郭や消費電力などのプラズマテレビの弱点の数々を克服した独自の映像技術や、お家芸であるオーディオ技術を搭載した高音質も高く評価されていた。

 

 そんなパイオニアが香港系のファンドに買われてしまい 上場廃止になる。年配の方々には香港資本のファンドに買われると聞くと かつてのオーディオの名門「サンスイ」のイメージと重なるのではないだろうか?? 最期は1円で会社が売買されたと言う話とともに・・・・・・・・・・・・・・・


 こうして 日本のエレクトロニクスメーカーが消えていく。。。。。






更には こんな記事も


   JDIと中台連合の出資交渉難航、裏にアップルによる「搾取」契約



Screenshot_2019-03-28 JDIと中台連合


液晶大手のJDI は産業革新機構の傘下企業として再建を目指していたが昨年秋以降の急激な仕事量の減少に見舞われ ついに自力のみでの再建から 外部資本導入による再建に切り替えようとしている。やはりここでもお金を持っているのは中華系資本でその線での話がまとまりかけていたようだが ここへ来て 白山工場建設時のアップルとの契約(記事によると白山工場建設時にアップルからの前受金1700億円でその大半が賄われたそうだが)が足かせになっているようだ。

 中華系が資本を入れても 結局最新鋭の白山工場はアップルのものとなるのでは??との懸念である。

 

 かつて シャープが堺工場を建設していた時の光景とJDIが白山工場を建設している時の光景とを小生偶然見ているのであるが、あまりにも酷似しているのに驚いたとともに 工場建設後のJDIもシャープの二の舞になるのでは??との懸念があったがまさにその通りとなりそうな気配である。


一昨日の 記事


  最も製造業を遠くから見ているのがApple? No2892


にも書いたが 日本の製造業(エレクトロニクスメーカー)が世界中から使い捨てされているような??(明日は我が身かもしれない)


 むやみな価格競争をせずに と簡単に言うが 価格を高くして買ってくれるところはなく設備投資したリスクのみが永遠に重くのしかかる そんな製造業の悲哀・・・・・・・・


 そういえば 小生の務める会社がかつて大きな取引をしていたシャープの担当部門が本日を持ってシャープ本体から離れるらしい 4月1日からは 別会社に。 


すでに知っている人はごく僅かだが・・・・ 頑張ってくださいねと昨日1本電話したが果たして・・

 

 今は昔 そして誰もいなくなった・・・・・・・・・ とはならないでほしいのだが。

スポンサードリンク

もう終わりなんだろうな? AKB他 No2893

こんなことを書いたら ファンの方々から総スカンを食らいそうだが.........




2005年12月8日から13年以上の年月が流れている。(ということは干支が一回りはした事に)


 おそらく テレビ他マスコミ関係者も一般のファンもそろそろ潮時だろうなと考えているように思える。ついに今年はグループの総選挙も中止になった、更にこの騒動

 

  山口真帆さん暴行事件の騒動に映るAKBの凋落



Screenshot_2019-03-27 山口真帆さん暴行事件
 

運営側が行った記者会見は とんでもなくおそまつであったと評されている。

  

 小生くらいの齢になるとよく分からないので調べてみた。


因みに 総監督と呼ばれる役職が 初代高橋みなみさんであったことは承知しているが 2代目総監督 横山由依さん そしてこの4月から向井地美音さんになることを今回はじめて知ったのが 小生のレベルであります。

 

AKB48は 当初 「会いに行けるアイドル」がコンセプトであった。2005年12月8日から活動開始と有る。


現在では


 日本       AKB48 SKE48 NMB48 HKT48 NGT48 STU48

 インドネシア   JKT48

 タイ        BNK48

 フィリピン    NML48

 中国         AKB48 Team SH 

 台湾       AKB48 Team TP

 ベトナム       SGO48


らがあり(ここまでで 12グループ) 追加で 


インド         NUM48


が活動開始とされている。さらに 公式ライバルとも呼ばれる 坂道シリーズ


日本      乃木坂46  欅坂46  吉本坂46  および日向坂46(旧けやき坂46)


全部で17グループ(日本国内のみでも10グループ)である。本来グループ名の末尾についているのが所属人員数であったと思われるが 現実はそうではないらしい(複数のグループを掛け持ちする人も多い)のだが それでも日本国内で所属人員は300名以上いるのではないだろうか?


 それだけ沢山の人がいれば 流石に様々な人も所属しているであろうし 更にこれらのグループの所属人員は別々のプロダクションに属していて グループの運営とタレントの管理は異なるというややこしい組織でも有る。

 

 一時期は 日本国内のグループ所属の人たちが熾烈な選挙戦を繰り広げる「総選挙」が行われそれは本来の総選挙(衆議院議員選挙)より注目される時代まであったが ついに今年は中止になっている。

 






 今回の NGT48の山口さんの事件は その終わりを象徴するかの事件に思える。運営会社側の不手際がその要因であることは確かだが 組織運営の限界を見せてしまったことは確かで、今ままでは 批判的な立場が取りづらかった テレビのワイドショーやスポーツ新聞すらそれを叩く姿は その終焉を見越しているかのごとくである。


 まあ あまりにもファン層が拡大し 所属するアイドルたち自身もその巨大さにたじろいでいるかの様相もあり 以前の握手会での切りつけ事件はなんとかその後の結束(所属するアイドルたちも又プロダクションも運営会社も一体になっていた感があった)で乗り切ったが 今回は果たして。。。

  

 ぼつぼつ 違う形のアイドルが出現するような??? ちょうど改元も有ることだし。。。。。

 

そんな感じを受ける ファンではないこやじなのである。

スポンサードリンク

最も製造業を遠くから見ているのがApple? No2892

 アップルがiPhone向け新サービスを発表した。


  アップルが発表「iPhone向け新サービス」の全貌


300種を超える雑誌を定額で読めるようにした「Apple News+」、


定額でゲームができるようアップル自身がゲームパブリッシャーとなる「Apple Arcade」、


「Apple TV」のアプリ化とMac対応、それにハリウッドの一流クリエーターを起用して映画、テレビ番組、ドキュメンタリーなどを制作・配信する「Apple TV+」、


そして、 iPhoneの利用を前提とした次世代クレジットカード「Apple Card」


である。

 前者の3つは小生はあまり興味がない スマホでゲームをしないし ドラマも見ない(小さな画面でそれをするのは大変疑問である)し 読書はやはり紙で と言う思いが強い。

 

 しかし 最期の 1項目 「Apple Card」には非常に興味がある。


NETでもそうらしく その専門の紹介記事が何本か出ている。


    毎日2%キャッシュバック! Appleカードが今夏ローンチされます

    iPhoneのみで完結できる「Apple Card」の正体


D2hYuS7UYAAi_JL-w1280


実際 日本でそのサービスが始まるかどうかは不明であるが どうなっていくかも含めて興味津々と言うところである。(可能性として こいつで日本のキャッシュレス決済が爆発的に増えるのでは? 東京オリンピックとタイミングも合いそうであるし・・・・・・)

  いつかそのことについては書いてみたいと思うが。




 

 ところで ご承知の通りアップルは今世界で一番電子部品を買う会社と言われている。


モデルが新しくなるたびに日本製の部品の比率が下がり続けているのが気にはなるがそれでも日本の電子部品メーカーにとっては アップルがくしゃみをすると 肺炎を起こしかねない存在である。


しかし、その実アップルは製造業を最も遠くから見ている会社のような気がしてきた。

今回の発表はそれをより一層鮮明にしたような気がする。


スティーブ・ジョブズが範とした SONYに習いアップルは 「開発はすれど製造はしない」 と言うスタイルを貫き通している。

 iPhoneにせよiPadにせよその殆どは中国で組み立てられている。設計段階から製造する部門へ委託し開発に関しては 製造工場へ入り込んででも事を進めるが 決して自社に製造部門は持とうとしない R&D のみなのである。


 全世界へ最新のテクノロジーを最新のデザインで供給している会社が実はメーカーではないのである。


 小生の受け取るイメージであるが アップルは「物作り」に魅力を感じていないのではないか?とさえ思える。最新のテクノロジーを最新のデザインで供給するというのと「物作り」はイコールのように受けてれるのだが アップルではそうではない形でそれを実現している。ある部分 冷酷なまでに製造業を彼らがものを供給するための一手段としてしか捉えているのかもしれない。そして、それらは用がなくなれば簡単に切り捨てられてきたことも確かだ。


世界で一番電子部品を購入する会社が 世界で一番製造業と距離を置く会社 というのが21世紀の現実というのは 電子部品周辺にその生業を置く我が身からすればたいそう不幸なことのように思えてくるのは、僻みからなのだろうか???


 消費者(小生自身がiPhoneの消費者である)にとってよりよい商品を供給するためには 過去の製品で物作りに協力してきた会社をいとも簡単に切り捨てる(それが必要である)というのは、果たして本当の意味で消費者にとって良いことなのだろうか???

 (おそらく 物作りをしないという点で マスコミとその根本的な考え方が近いかも知れない)


 消費者が 製造業者ではない と言うロジック(少なくとも iPhoneで見ればアメリカはそうである可能性が高いが)が 21世紀の世界であるとすれば 小生はそこからはみ出す存在であることは確かなのだが。

スポンサードリンク

記事検索
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
リンクリックブログランキング