2018年06月

批判にさらされても  No2623

にわかサッカーファン 4度目の戯言。。。

 

確かに見ていて面白くなかった。特に最後は。。。これは見ていた人は100%に近い確率でそう思うであろう。


Screenshot_2018-06-29 日本 vs ポーランド(グループH)


単にパスを繰り返す日本 そのボールを取りにすら行かないポーランドそんな試合を遠くから見に来たファンは怒り心頭かもしれない。

 主力選手を温存し イエローカードの呪縛から逃げれると言う理由でメンバーを落とす事と パスの練習に終止することと何ら変わりは無い。

  

 欧州の各マスコミでも批判にさらされている。イギリスやフランスの新聞・テレビなどでも。。。



  

しかし、ではその後行われた グループGのイングランドーベルギー戦はどうなのだろう?

 

 お互いグループリーグを突破している為 ベストメンバーでの試合ではない。控え選手のコンディション調整というのはそれを見ている観客からすれば関係のないことである。そこを 

 

「なぜ ベストメンバーで挑まないのか?

    ファンに失礼だろうが」

 

と批判するマスコミは無い。


五十歩百歩である。



 仏紙レキップは前日の試合で格上のドイツから 2-0 の大金星を挙げた韓国と比較して切り捨てた。と報道されているが もしその試合で日本の立場がドイツ ポーランドの立場が韓国であった場合 どうなったであろうか?

 

パスの練習をドイツが行うことはないかもしれないが 1点のビハインドでゴールキーパーまでが攻撃に周り2点めを失うことは絶対にしない、そこは0-1で負けても良いとの判断がきっと働くように思える。さらに韓国もそれ以上攻め立て 同点にされる(つまり一勝も挙げずに去る)ことは回避したに違いない。

 

 第一 サッカーというゲームがフィジカルなコンタクトがある以上ある程度大げさな被害を演じることはファンでなくとも衆目の事実である。ヨーロッパは ある意味アグレッシブであるが ずる賢く抜け目ないのが特色ではなかろうか??

(それが悪いと言っているつもりは小生ない)

  

また グループリーグの最終戦が必ず 同時刻開催になったのも各国が同じようなことをするからであり それを防止するための同時刻開催でまさかこれほどのリスク(他国本願)を取る監督がいることを想定はしていなかったのであろう。

 (その意味では 西野監督は

     「すごい」のかもしれない)


   

すべて理解して その批判は 甘んじて受ければ良いのではないか?確かに見ていて面白くなかったのであるのだから。

  


 そして ジャパンの選手は 次戦のベルギー戦にその総力を上げて挑んでほしい。次戦で負ければ批判者達への敗北でも有る。

  

   勝てば官軍 負けれれば賊軍


世の東西を問わず そういうことなのである。

  

 頑張れ日本!!!

スポンサードリンク

さて 結果は?  No2622

  この記事は6月28日18:00前に書いている。東京での仕事を終え帰阪のために羽田空港である。


 三度のにわかサッカーファンの戯言ですみません。

 帰宅後 食事・入浴を済ませて 後は23時からの試合を見るのみ。

引き分け以上でグループリーグ突破が決まるが、ココはスカッと勝利での美酒を味わいたい。

 選手の皆さんはこの日のために4年間すべてを犠牲にしてきた、後1勝である 頑張れ!!

 

 さて、小生も未だ不調の只中である。色々そこからの脱出を画策はするが。。。。。。。。。

 

 そんなか 羽田空港では多くの人が行き交う ココで行き交う人達の今日の寝床はどこなんだろう? 国内線ターミナルと言えど 北は札幌 南は那覇辺りの乗客も大勢いよう、とするとココで交わった人が数時間後ははるか2千kmの距離を隔てることに。

  

 「狭いニッポンそんな急いでどこへ行く」

 

という交通標語がかつてあったがココではそんなことを言う人はいない多くの人が ビジネスにレジャーにと行き交うさまは 先般遭遇した猫の境地で俯瞰してみれば 絶景なのかもしれない。

 ただ、今の小生にその余裕はないが。。。。。。。。。。。。


Screenshot-2018-6-28 「羽田空港」
 

 とにかく 

  ジャパンの選手と同様

    今頑張るしか無いのだ!!。


果たして結果は??  神のみぞ知る。

スポンサードリンク

続あなたはどちら? 空いている座席 No2621

2週間ぶりに東京方面へ営業ドサ回りに出ている。そして 前回と同様に。。。。。。


前回の記事がこれ

 

  あなたはどちら?  空いている座席 No2607 

  

 今回も 始発電車に乗るために家を出た(その御蔭 サッカーW杯のアルゼンチンの劇的勝ち越しゴールシーンを見れたが。)ターミナルに到着後 これまた始発の伊丹空港行きバスの乗り場の列に加わった。前方の人数を数えるとちょうど小生が10番目であった。どうやら複数人連れはいなそうである、ということで必然的に小生は前から5番目の席に座ることになった。

 

IMG_3953

 因みに小生の前の列である4番の列にはそれぞれ窓際に男性が座っていて隣の通路側の座席に荷物を置いている。 小生と同じ通路をを挟んだ向こう側の席は 女性が座っているが荷物は足元である。

 

 さて その後次々と乗客が乗ってくるが後方にまだ空きが有るようで、置くへと進んでいるが やがて後方も埋まってきたのであろう 後方を見て空きがないことを確認して小生の隣に座ったのが最後の乗客であった。


結果 小生の直前の列の通路側は空港まで荷物の置き場であった。  


 最後の乗客が男性ビジネスマンであったのでやはり 通路の向こう側には座る選択確率は低かったように思える。

 

 

 しかし、前方は???

 

前回も書いたように 今回も最後の乗客は4番席の左右の乗客に

  

 「ここ空いていますか?」


と聞いたわけではない。

その為前席の二人の乗客が著しいマナー違反をしたとは小生考えないが 荷物を置くことそのものが?である。


なんとかならないものだろうか???

 

その後小生は営業所を経て埼玉県まで電車で1時間ほど移動した、そこから帰るときには最寄り駅が始発駅であったために 電車はガラガラである。

その車両に営業所の人間と二人で親父が乗り込んだのであるが7人掛けのロングシートに端っこに二人並んで座る。無論荷物は 座席の足元に置いた。

  

 当たり前のシーンであるのだが 朝のシーンを思い出しなんか変かな??・ いやーーーーーーーーそれが当たり前でしょう


2週間後に再び思う こやじである。

スポンサードリンク

確かに過去の指摘を垣間見たような No2620

にわかサッカーファンがこんなことを書くのもなんですが。。。

 

あっ! それよりも先に

 それにしても日本ーセネガル線は単にサッカーの試合としてみていても面白かった!! 取られて取って取られて取ってのサイクル凡ミスありの ファイプレーありの これぞサッカーの醍醐味!!

28日の最終戦が楽しみです。


 事前に 「ワクワク感が無い」と書いたことを訂正する必要があります。今はかなり ワクワクしていますから!!!!

  

 

そんなにわかサッカーファンでありますが 日韓W杯の際の韓国に関する様々な批判を見ることがあります。特に決勝トーナメントの2試合

  韓国-イタリア戦

  韓国-スペイン戦

はよく取り沙汰されるようです。

 

 2002年 FIFAワールドカップを台無しにした出来事まとめ【誤審・反則】

 韓国―イタリア戦の“不可解判定”も…

 

いわゆる反韓の人たちがそれを煽っているのであろうと あまり気にもしていなかったのですが、。。。


 その思いを覆されるような・・・・

 

先般の日曜日 前の日に行われた 韓国ーメキシコ戦の再放送があり暇つぶしに見ていたのですが、この試合 確かに韓国の選手のラフなプレーが目立っていました。


ソン・フンミンが最後まで奮闘しなんとか意地の一点をとっています。


Screenshot-2018-6-26 韓国 vs メキシコ(グループF)


しかしながら 各選手の気性が激しいのか一つ一つのプレーが荒いのです。


 大会の公式サイトによると、韓国のファウル数は24、警告数は4。対するメキシコのファウル7、警告ゼロなので これは極端に差があります。審判も見過ごすことができなかったのでしょうが テレビを見ていても にわかサッカーファンの小生が思うくらいですから??確かに・・・・・・・・・

 

これを見てしまうと 上の過去の批判も・・・・・

 

まあ 韓国はこのメキシコ戦の結果でグループリーグ敗退となりましたからその点 焦りもあったのでしょうが???? 


 この試合 文在寅大統領も観戦していました。

 大統領はどう思ったのでしょうか??

  

 本日最終戦の ドイツ戦ですが すでにグループリーグ突破を決めているドイツは接触プレーを避けて流してくるでしょうね 怪我でもしたら大変ですから!!

 (その試合を見に行くサッカーファンは

      ある意味可哀想です)

  

  

    

  

そんなことはさておいて 日本はポーランド戦に集中する必要があります。

 おっさんパワーで勝ち抜いてくれれば そんな嬉しいことはありません。

  

 頑張れニッポン!!!

スポンサードリンク

大阪北部地震で知った吉野家の秘密 No2619

 未だスランプからは抜け出せず。。。。。。。。

 

こんな記事が出ていました。 ダイヤモンドオンラインからである。

    

   大阪地震の影響

  

 6月18日午前8時前に起きた地震は 大きな影響を及ぼしたようであるがその件については また日を改めて。。。。 今回 小生が書きたかったのは 記事中のこの記述である。

  

大手牛丼チェーンの2強は明暗が分かれた。

ゼンショーホールディングスの「すき家」は1店舗の閉店(店舗が入居するモール閉店に伴うもの)にとどまったが、吉野家ホールディングスの「吉野家」は41店舗を閉める事態に追い込まれたのだ

 

この地震で復旧が長引いたのは 大阪モノレールと大阪ガスである。

 

モノレールの復旧が長引いた理由は小生まだあまり調べていないのだが 大阪ガスの復旧が長期間に渡ったのはある程度理解している。

 

各家庭のガスメーターには耐震安全装置が組み込まれていて震度の大きな地震を検知すると自動的にガスを遮断するようになっているのだがそれを解除するには大阪ガスの担当者が各家庭に出向き安全

確認を行った後 というルールがあるそうで11万強世帯の各家庭を大阪ガス社員、大阪ガスグループ社員の約2000人、関東や九州等全国から駆けつけたガス事業者の応援部隊約3100人の 計約5100人態勢でそれに当り ようやく24日夜に終了したのだという。

 

で これが 上記の記事に大きく関連している。


実は吉野家のご飯は

 ガスで焚いているのだそうだ。


 HPにもその事が書かれていた


   大火力の「ガス」


Screenshot-2018-6-25 おいしさを追求する


以前書いたことが有るが、小生が結婚したはるか34年前 小生が今の愛する奥様につけたただ一つの条件が 

 

  ご飯はガスで炊いて


であった。電気炊飯器で炊くより断然美味しいからでありそれは今も変わっていない。(最新の 高級電気炊飯器はその欠点を補う工夫が色々施されているらしいが。。。。。。)

 それと同じことを 吉野家がやっていたなんて。。。。。。。。。

 

 小生が吉野家ファンである理由は 此処にあったのかもしれない。


 ちょっとうれしいことを知った瞬間であった。

スポンサードリンク

記事検索
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード