2017年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     大変である。

     遂に と言うべきか ようやくというべきであろうか???

     

     小生をよく知る人は 「ようやく」と言い よK知らない人は「遂に」と

    言うのが多いかもしれない。

     

     小生の愛する奥様が 昨日から我が家にいない・・・・・・・・・・・・

     

     小生に愛想を尽かして 愛娘のところへ・・・・・・・・・・・・・・・

     

     昨日から一人暮らしが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     それはもう 寂しとしか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

    ではなく、少し娘の体調が悪く 小さな子を抱えて大変そうなのでお手伝い

    をする為に上京したのだ。

     昨夕 電話してみると少しだけ愛娘の体調も回復しているようで一安心で

    ある。

       

     小生の愛する奥様が 小生を見捨てる なんて有るはずが

    無いに決まっています。 

        多分そうです

                  そうじゃないかな?

                                                 そうであってほしい・・・・・・・

     

     

     

     さて 昨日の続きす。

      

     いろいろ調べてみましたが 「ポリシー」タブが表示されない原因は未だ

    不明です。

     しかし今のままでは この表示のまま

    Snapcrab_storage_executive_20171219

    ということで代替え策を探さなければ と物色していたら、ありました。

     

     Windowsのディスクキャッシュを設定する無料のコマンドラインツール

     

    コマンド・ラインから今表示させれない「ポリシー」タブの操作ができると

    言うものです。

       

     ありがたや 早々ダウンロードして使用してみました。

    小生の場合キャッシュをフラッシャさせたいだけなので「-f」オプション

    をつければ良いというので

      diskcach .exe -f 0

         (最後の0が物理ドライブの番号)

    のはずです。

     ということでコマンド プロンプトを起動して コマンドを叩きました。

    Snapcrab__cwindowssystem32cmdexe_20

    物理ドライブ0には C D G P と4つのパーティションを切っているの

    でそれらを 変更してくれたようです。

     その後 Crucial Storage Executive で確認してみると。

    Snapcrab_storage_executive_20171220

    無事キャッシュがフラッシュされているようです。

    これでとりあえずの調整は完了かな??

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     RAMディスクとおさらばして3日経過した。今までSSDへの書き込みが

    1日あたり少なければ3-4GB 多い日でも12GB程度であった。それが

    昨日で 14GB弱である。

    Snapcrab_ssd_life_free_2578_2017121

    5月6日にディスクWP変更してから12月15日までで223日〔日曜日を除くと)

    約200日でそれで約2000GBの書き込みをしているから 10GB/DAYが平均

    実績になろう(バックアップを取ったりすればそれだけで30GB程度の書き込

    みが生じることも有るので)。それが 約1.5倍から2倍の書き込みを行う事

    に今はなっていることになる。逆に言うと単純に書き込み量SSDの寿命を

    決定するなら以前のようにRAMディスクのフル活用で2倍程度寿命が伸びる

    計算にはなる。但し今のSSDの寿命だと10年が20年なるぐらいの\話で

    OSやその他のハードの寿命からして意味がない事にはなるのだが。

     あれだけ 1日あたりの書き込み量を気にしていたのに 今の技術はそんな

    ことをあざ笑うかのごとく進化している、頼もしくもあり恐ろしや。



      


    さて そんな形で運用を始めたが 先般ご紹介したCrucial Storage Executive

    でこんな画面が出た。


    Snapcrab_storage_executive_20171219

     何々「Windows書き込みキャッシュ バッファ フラッシングの有効化」と

    そう言えば以前 無効化を設定したような?? ということでそれを行おうと

    ディスクドライブの設定を行おとしたのだが?????????????

     

     おさらいしておこう 書き込みキャッシュを有効化 するには

    Screenshot20171219


    ですよね。MicrosoftのHPでもそう書いてあります。

      

    でそうしてみたのだが プロパティを叩いても「ポリシー」のタブが無い??

    Snapcrab_crucial_ct500mx200ssd3_201


     どうして????

      


     いろいろ調べてみたが、今のところ対策不明である?????

      

    まあ とりあえずすぐにどうこうという問題ではないので 現状放置である。


     どなたか対策ご存知でしたら 教えてください。




      このエントリーをはてなブックマークに追加

     16日の土曜日に見た スターウォーズ/最後のジュダイ その出来は

    素晴らしく感動モノである。これを書かずに。。。。。。。と二日間我慢

    したのだが やはり少しは紹介しておこう・・・

                           すみません 我慢ができません

     

      

     因みにネット記事によると 昨年公開されたスピンオフ『ローグ・ワン』

    を含む、実写版8作品の興行成績はトータル6800億円だそうだ。初回作であ

    る「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の公開が1977年である

    から丁度40年 小生の人生の70%に達する 長い長い物語である。

     

      

     今回の作品 日本版のポスターでは ルーク・スカイウォーカーが青色の

    ライトセーバーを持っている。これにはかなり意味が込められている。

    Screenshot20171218

     青いライトセーバーというのは、もともと初回作のエピソード4でルークが

    オビワンケノ-ビから「お前の父親の形見だ」と言って渡されたものだった。

    したがって父であるアナキンはエピソード2ー3で、青ライトセーバーを使って

    いる。しかしルークはこのライトセーバーを使っていた(エピソード4-5)

    のだが、エピソード5のエンディング近くででダース・ベイダーとの戦いに

    より右手ごと切り落とされ青いライトセーバーは手首とともに落ちていった。

    その後のエピソード6で、ルークは緑色のライトセーバーを使うのだが、前作

    つまりエピソード6の後になるエピソード7『フォースの覚醒』で青いライト

    セーバーがフィン(ジョン・ボイエガ)とレイの手元に渡り、ルークを発見し

    たレイが青いライトセーバーを差し出したところが前作のエンディングだった。

    それをルークが持って 戦闘モードで立っているということは。。。。。。

     (映画を見れば それはわかります)

     

    そんな シリアスな しかも時系列的に長--い話もきっちりと纏められて

    いるのに加え今回は おちゃらけた部分も盛り沢山である。

    チューバッカが食べようとしたときの新キャラ「ボーグ」寂しそうな顔

        (これは 映画を見て下さい)

    ミレニアムファルコン号での「ボーグ」の活躍(少しだけ画像を。。)

    000263252hr

    笑えます。

      

     そして こんな万能スーパーロボットだったのか!! と驚くべき活躍を

    見せる BB-8

    Bb8fathead

     かつてのR2-D2 以上でしょうか?? どんな活躍をするか。。。。。。

    っとあんまり書いてしまうと お楽しみが。。。。。。。

     

     是非オススメです この映画は見ましょう!!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     まず ご報告。

     愛する奥様と16日土曜日 スターウォーズ/最後のジュダイ を見てきました。

    いや~、率直に面白かった。正月休みにもう一度見ようかなとさえ思う素晴らしい出来でした。(あくまでも小生の個人的感想です)

    ただ 上映時間は2時間半 長いので開始直前にトイレは必需です。

    (小生エンド・ロールの最後の最後でたまらず トイレに駆け込みました)

     

      


      

      

     さて今日は昨日の続き。。。。


    長らく愛用した RamPhantomEXをアンインストールしてシステムは安定したようだ。その後トラブルは生じない。やはりデスクトップヒープ領域を食いつぶすことで 色々障害を出していたようである。(ツギハギの対策はその都度してきたが)まあ、使い勝手が悪いソフトではなかったしSSDの長寿命化にはそれなりの効果はあったのだと思いたいが。

     

    さて、それでは次善の策としてSSDの長寿命化と余っているメモリの活用であるがまずはSSDの高寿命化を(最近のSSDはもはやその対策を必要要としないとも言われるが)。


     現在使用している SSDは

     

      R732補完計画を実行  パワー・アップ  No2207

     

    今年5月に購入したCrucialのMX200 シリーズ「CT500MX200SSD3」である。

    Crucial社から専用の対応ソフトが出ている「Crucial Storage Executive」だ。

    それをインストールして使用してみることにした。メーカー純正のソフトの目玉は「一次キャッシュの設定」と「オーバープロビジョニングの設定」である。

     

     まず ソフトを立ち上げると この画面

    Snapcrab_storage_executive_20171217


    そして一時キャッシュを設定 メインメモリを使用してSSDへの書き込みを減らすというものである。

    その効果は100MBのファイルで確認すると 以前が

    --------------------------------------------------

     Sequential Read :  491.652 MB/s

     Sequential Write :  474.315 MB/s

     Random Read 512KB :  414.829 MB/s

     Random Write 512KB :  459.993 MB/s

       Random Read 4KB :   26.698 MB/s

     Random Write 4KB :   78.704 MB/s

             Test Size : 100 MB

                  Date : 2017/05/06 13:49:25

    --------------------------------------------------

    であったものが

    --------------------------------------------------

     Sequential Read : 5529.838 MB/s

     Sequential Write : 5064.741 MB/s

     Random Read 512KB : 5234.142 MB/s

     Random Write 512KB : 4567.898 MB/s

     Random Read 4KB :  386.038 MB/s

     Random Write 4KB :  155.383 MB/s

             Test Size : 100 MB

                  Date : 2017/12/17 9:14:38

    --------------------------------------------------

    と 驚くべきスピードなった。(完全にRAMのスピードである)


    但しメモリの容量の限界があり500MBテストを行うと

    --------------------------------------------------

     Sequential Read :  451.454 MB/s

     Sequential Write :  411.788 MB/s

     Random Read 512KB :  412.811 MB/s

     Random Write 512KB :  369.082 MB/s

     Random Read 4KB :   24.486 MB/s

     Random Write 4KB :   40.100 MB/s

             Test Size : 500 MB

                  Date : 2017/12/17 13:16:41

    --------------------------------------------------

    と SSD自身のスピードになってしまうようだ。

    それでも小さなファイルのアクセスが多いのが普通なので かなり効果はあるようである。期待大だ。

     

    その後 オーバープロビジョニングを設定 


    オーバープロビジョニングとは? 説明するのが難しいので他社であるがキングストンのこのページがわかりやすい

     

      オーバープロビジョニング (OP) について

      オーバープロビジョニング (OP) の利点

     

    要はSSDの領域を5%から10%程度このオーバープロビジョニング領域に当てておいて予備の領域として使用し書き込み等を全体に均一的に行っていくと言う事になろうか(実は小生もよくわかっていない)

     まあ 一度設定しておくとあとは気にしなくていいので保険ということになろうか。

    (オーバープロビジョニングで10%近い領域

     を取られるのがデメリットと言う人もいるの

     で 果たして効果的かどうかはよくわからない)

     

    後は余ったメモリの活用だが。。。。

    上記の一時キャッシュのメモリエリアをOS管理外で設定できれば良いのだがそれはまた 日を改めて。。。





      このエントリーをはてなブックマークに追加

     現在時刻は12月16日15:00 今から 映画SW見に行ってきます。

    さてどんな展開が??

     

     さて 一昨日の記事で書いた デスクトップヒープが不足する件

     

      デスクトップヒープが不足  恐恐registryをいじる No2327

     

    15日金曜日はなんとか調子よくPC動いていたのであるが 16日土曜日

    は朝からどうも機嫌が悪い。何度も再起動を繰り返さないと動いてくれない。

     起動してもしばらくすると Nortonがエラーを吐き出す。

    そして アプリを立ち上げようとすると この表示が。。。。

    Photo

    夕刻映画を見に行くのでイライラが募る。 結局 数年愛用してきたRAM

    ディスクソフト「RamPhantomEX」を 一時的かも知れないが諦めることに

    した。

    RAMディスク上で動かしていたプログラム他はSSDでパーテーションを

    切り直し そこに移動した。

     

     SSDの長寿命化を図る意味でも小生には参考になったRAMディスクで

    あるが 小生がR732を購入したときに予測していたよりも遥かに長寿命

    のようで もはや長寿命のために何かする という存在ではないようだ。

     もともとSSDなので RAMディスクから移動してプログラムを動かし

    てもほとんど変わらない。

     

     さて そうなるともったいないのがメモリである 8GB積んではいるが

    32ビットOSでは 3.2GBしか認識していない これをどうするか?

    (元々 RAMディスクの導入もそこから始まっている)

     

     思案しながら SWを見に行くことに。。。。  

            では!!フォースと共に

     Screenshot20171216_star_wars

     

    このページのトップヘ