2017年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     iPhoneの旧機種に新しいOSを入れると(バージョンアップすると)その動作

    速度が遅くなる。という噂がありテストした企業の結果が公表されるとそれが

    実証されたと騒ぎになり、先週12月20日にはアップル自身がそれを認める事

    を公表した。

     

    しかし このことが(記事から引用すると)

     

      2〜3年が経過したiPhoneの性能を制限し、値上げした高いiPhoneの販売

      台数・売上高を高めようとしている、

     

    との批判を回避できるか?? という記事が東洋経済に載っていた。

     

      iPhone旧機種に仕込まれた「速度制限」の正体

     Screenshot20171225_iphone  

    あくまでもアップルの主張は

     

     「内蔵バッテリーが気温や充電状態、あるいは経年劣化によって一定の性能

      を発揮できない可能性があるとき」に、プロセッサの性能を制限して電力

      需要を抑制するというものだ。

       iOS 11.2が配信された現在、対象機種はiPhone 6シリーズ、iPhone 6sシ

      リーズ、iPhone 7シリーズ、iPhone SEということになる。

     

    である。劣化した可能性がある2年以上経過したモデルに対してプロセッサーの

    作動がバッテリにー強負荷を与えて 発熱・発火等の現象を発生させないため。

    というところであろう。

     

      アップルは2017年1月に配信を開始した「iOS 10.2.1」から、一定条件下で

      プロセッサの性能を制限する機能を導入したことを認めた。

     

    とのことなので2016年に起こった「Galaxy Note 7」問題が大きく影響している

    のでは と小生は推測する。リチウムイオン・バッテリーは構成のであるが故に

    そのエネルギー密度も高く一歩間違うと発火してしまう可能性がある。

      

     (これはボーイング787型機の就航直後に起こった発火事故でも実証済でその

      対策は 一部のセルが熱暴走を始めても他のセルに影響が出ないようにセル

      間の距離を取る という対処策だけであり根本原因の解決には出来ずだ)

      

    その為に2017年1月に配信を開始した「iOS 10.2.1」から対策を講じたとするなら

    それはそれで正しいように思う。

     

     但し iPhoneは高価である事、新機種のほうが高くなる傾向がある事

    などから

     

      「新型を買わそうとしている」

     

    との批判がでているのであろう。

    また iPhoneはバッテリの交換がこれ又大変であり 素人では難しい。

    その為ショップに持ち込む必要があるが 1万円弱のコストがかる、そこも

    批判につながるのかもしれない。

     

     しかし 5sを今年10月頭まで使用していた小生は 当然OSを最新に常に

    していたのでその速度制限を受ける環境にあったはずであるが、速度が低下

    していると感じたことはなかった。

     記事にも 速度制限がかかる状況に有ってもも殆どの状況ではそれが実行

    されないともある。

    つまりベンチテストなど究極の状況下でその差が顕著に現れるレベルのもの

    らしい。

     

     それで 機器が長く使えるのであれば致し方ないのでは??と考える。

     

     さらに言えば iPhoneのバッテリーはスペース他の問題でパッケージ化

    されておらず両面テープで固定されていてその交換はかなり手間である。

    (当初からそういう設計思想で 軽量化・薄型化とのバーターであろう)

    その意味で 1万円弱の交換費用は突出して高いとは言えないようなきが

    する。

    そのバッテリー交換というコスト負担すれば速度制限はおそらく受けない

    と考えらるので

     

      「OS」が速度制限をしている

     

    ということの批判は 的を得ているとは言えないのでは??と言うのが

    小生の考え方である。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     すでにお知らせしたように クリスマス・イブのイブである23日に我が家

    にサンタがやって来た。

     今年の(も)クリスマスプレゼントは「散らかし」パワーが取り最新鋭の物

    にアップデートされた 超小型豆台風2基である。

     

     

     流石に5歳に近づくと少しは物分りが有るように返事だけはするのだが その

    実は 下の妹2歳と変わらず 自身の気分で散らかすそして後片付けの真似事

    を行う(完了は決してしない)、まあ すでに諦めの境地である。

     

     できれば ジジは「ESCキー操作」を失ったPCに少しでも慣れたいからと

    部屋(先般紹介した ようやく手に入れた自身の引きこもりスペース)でPC

    を立ち上げようとすると どこからともなくその雰囲気を察知した彼らが呼び

    に来る(おそらく 小生の行動に関するアドレナリン分布の変化を的確に捉え

    る恐るべし「感」レーダーなる(その原理が解明されればノーベル賞級)秘密

    兵器をいつの間にか装備した模様だ。

     (やはり対応策としては長距離迎撃ミサイルか先制攻撃できる爆撃機が必要

      と予算申請を愛する奥様に提出したが あっけなく却下された)

     

     それにしても 子供の成長早い 全く同じ時間を小生も過ごしているのだが

    この年になると 1年前も今も行動パターンは余り変わらないのであるが彼ら

    は1年で驚くべき進化を遂げ総攻撃力・防衛力に磨きがかる。

    防衛力に至っては さっきまで「泣く」という特に女の子では究極の最終兵器

    を展開していたはずなのに それをなだめるといとも簡単に満面の笑顔で答え

    るという 007も顔負けの変わり身まですでに有しているのである。

     

     結局我が家はこの有様で 年の瀬から新年を迎える事に。

     Img_3246

     今年も後1週間 自身の成長のなさと 孫達の大いなる成長とのギャップを

    存分に味わさせながら 今年も終わっていくようである。

     もう少し みなさんも頑張りましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    なんと今日はクリスマスイブ・。。。。。。。。。。。

      

    しかし 昨日までの一人暮らしから いきなり 超強力豆台風2基を加えた

    5人暮らしの年末モードい突入した その変化がお大きすぎて、愛する奥様

    が帰ってきた喜びを感じる暇がない。。。)

     

     

    一昨日突如反応しなくなった一太郎での「ESC」キー。単純にメニューを

    出すためだけの操作なのだが 今までその恩恵にどれだけ預かって来たか

    を改て思い知った。

     

    コンピューターで文書入力する際にこんな小生でも一応両手でキーボード

    を叩く。ということは マウス等のポンテイングデバイスから手が3本ある人

    を除いて手を離していることになる。その状態で何らかのアクション(操作)

    を行おうとすると キーボードだけで操作できる場合とマウス・タッチPAD

    等のポインティングデバイスをとでは作業性に大きな違いが有るのである。

     実は Windowsには極力キーボードだけで操作できるようにALTキーを

    使用したコマンド体系やショートカットキーを使用した操作方法が有るのの

    でそれらを使っている人も多いかもしれない。しかし ワープロからPCへ

    乗り換えた当時から一太郎を使用している小生はその操作を「ESC」キー

    を使用したもので慣れてしまっているので、おいそれと他の操作体系に乗

    り換える器用さを持ち得ていないのだ。

     

     昨日も書いたように一太郎にはプロフェッショナルモードと言うものがあり

    その画面では「ALT」キーを叩くとポップアップメニュ-がカーソルのそばに

    出現し操作できるというものが有る、この場合の操作体系はWindowsの標準

    に準拠しているのでそれを覚えれば 他のソフトとも互換性があり便利である

    はずだ。この際だから 今度の正月休みでそれにチャレンジするのも悪くない

    かも。

    Snapcrab_noname_20171223_104158_no0  

     いろいろ調べていたら 実は「ESC」キーを叩くのとおなじ信号を「Ctrl+[」

    で出せるらしい。一太郎上で「Ctrl+[」を叩いてみると 無事ESCメニューを

    出すことが出来た。

    Snapcrab_noname_20171223_82519_no00    (やはりこの画面が便利だと思う

                このメニューが出たときはプチ感動であった)

      

    さらに 「Shift+ESC」でも同様にメニューを出すことができるようだ。

    どうやら 一太郎上でだけなのだが 「ESC」キーを叩いても信号がPCへ

    送られていないようである。(他のソフトでは問題ないので不思議だが)

     無論キーボードにゴミ等が詰まっていていないか掃除はしている。

     (それがわかったからと言ってどうにかなる問題でもないが。。)

     

    「ALT」キーでの操作になれるか??

    「Ctrl+[」もしくは「Shift+ESC」と複数キーで以前のESCメニューを出すか

     

     少し時間をかけてやってみるしか無い。

     そのうち ESCキーが復活することも有るかもしれない。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨日 突如愛用のワープロソフト「一太郎」でESCメニューが使えなくなった。

    全く原因不明で2日前に取ったシステムの復元でも戻らない。

     

     小生の一太郎歴は 長い 20年以上である。そうするとその操作は完全に

    身についていて 何かしようとすると自動的に「ESCキー」に指が伸びる。

     これは困った。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    Snapcrab___20171222_20422_no00

     キーボードのESCきーが 使用できないということではない。他の

    ソフトではちゃんと機能している。

     小トレホ長く愛用してきたソフトは無いので逆に 作業性が低下すること

    著しい。

     何かするにしても自然にそこへ指が・。・・・・・・・・

     

      

     何か手立てを考えねば。

     一応プロフェショナル画面というのが有って そこからなら ALTキー

    で操作メニューがあ呼び出せることは判明したが。。。。。。

      

     う~~~ん。

     すでに一太郎以外のソフトで ESCキーを叩くことはかなり少ない。

     その操作体系は 世の標準から離れているのでは有るが。。。。。。

     対応力のないこやじである。  

                            なんとかせねば。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     かつて「敦子」さんなる方から熱烈なラブコールをしかも毎時56-59分に

    送りつけられるというモテぶりを紹介したことが有った。

     

      敦子って 誰やねん!!! 時間法則がある No1028

     

     手前味噌で申し訳ありませんが どうしてそんなにモテルのだろう。。。

     201402020958

    201402030758

    201402040956

     そんなことが 愛する奥様の家出とは全く無関係であるとは信じているが

    昨夜も一人寂しく過ごした こやじの年末である。

     

    そんな寂しい初老期に差し掛かってきた小生の気持ちとは全く無関係に時代

    動いているようで 小生に対して追い打ちをかけるかのごとく お金を支払え

    との督促メールがやって来た。それも司法試験に合格するという優秀な頭脳

    を持たれている 弁護士先生からである。

     

      「差出人 弁護士 森 拓司」

     

    となっていて 差し出し人アドレスは

     

      info@vy7ujkmqk8jnz4fx.info

     

    である。凡人では受かるはずもない司法試験に合格したお方にしてはけったい

    なメールアドレスであるがこれはこの際 置いておこう。

    Snapcrab__shuriken_pro4__20171221_1   

    文面を読んでみると小生が

      FC2有料_動画

      ビットキャッシュ株式会社運営SNSサイト

    を使用した利用料・登録料が未払いになっているらしい。しかしおかしなこと

    に支払いの免除手続きをすればその支払を免除してくれるそうである。それな

    ら最初からそうしてくれれば良いのでは?と考えるのだが

     【...免除希望】

    と連絡する必要があるとのこと、どうして

     【免除希望】

    ではなくて

     【...免除希望】

    と 前に...と点が3つあるかが 非常に謎めいている。

    (3年前の2月に 敦子さんから多量に送られてきたラブメールにもやたら

     . とか  ... とかが多かった)

     

    しかもこのメールを放置すると免除することが出来ないのだという、その

    注釈には ビットキャッシュ社 社長さんの名前まで明記されている。が

    どう言うわけか FC2の方の会社の方の名前は全く書いていない。

     (おそらく知らないのでは?? と推測)

     

    この手の釣りメールにもはや引っかかる人もいないと思うが? 報道では

    JALがメールによる誘導で3億8千万円を騙し取られたとかスカイマーク

    も同様な手口に引っかかりそうだったとか報じられているので やはり注意

    する必要がある.(こんな簡單なフィッシィングメールでは無いだろうが)

    もともと

      ・FC2有料___動画

      ・ビットキャッシュ株式会社運営SNSサイト

    とあるが、FC2有料動画 ではなく 有料と動画の間にアンダーバーが3つ

    あるとか、ビットキャッシュ株式会社運営SNSサイトなんておそらく無いの

    で簡単に気がつくはずである。

     

     どうもわからないのがその請求金額 1,087,651円也 である。

    調べてみると 文面等が異なるがこの手のメールでよく使われる請求金額の

    ようだ!!

    Screenshot20171221_1087651_google

     何故この金額なのか??? 100万円というキッチリした数字でもなく

    消費税が加算されているとも思えない(第一 消費税を詐欺師たちが払うと

    は思えない)。

     

     どうして 詐欺師たちは 1,087,651円が好きなのだろうか???

     

     まさか 詐欺師たちが大阪系で単なる語呂合わせ

      イレナヤムゴイ  

      1087651

         (入金しなければ酷いことになるで!!)

    なんて言ってるのかな????????

     

     何れにせよ 皆さん ご注意を!!!

    このページのトップヘ