2017年11月

KIX-ITMカード ついに 30回  No2311

 それにしても 横綱 日馬富士関の問題は 北朝鮮のミサイル問題と比較

して大きいのだろうか 昨日朝のフジテレビ系列ニュースでは 日馬富士関

問題が TOPだったのは 小生首をかしげるが??

 

 

 

 昨夜もピーチにて成田空港から帰阪した。

  

 ところで 今回の出張で 今年小生は関西空港を30回利用した事となった。

先般ご紹介した事がある 「KIX-ITMカード」が来年4月からプレミアム会員

に昇格することが確定した。

Screenshot20171129_kixitm

 そして 一番下に有るように一度プレミアム会員になると一般会員に戻ること

は無く ずっとプレミアム会員らしい。

 これ 何がありがたいかと言うと関西空を利用した1往復(つまり2フライト)

で20+20=40ポイント貯まるということである。これは大きい。

 40ポイントあれば 駐車場が24時間無料なのである、日帰り出張の場合

駐車場が無料である。いつも行う 1泊2日の東京出張でも 24時間無料+

25%OFFで 2000円を超えることがなくなる。

 (本来であれば 4000円を超えるから この割引は大きい)

 

 これでかなり 車で関西空港を利用するのが楽になる。

  

 但し、このKIX-ITMカード 駐車場メリット以外は余り小生には効果

的な使い方が見いだせていない。

Screenshot20171129_kixitm_2

 JALマイルに交換とか ラウンジの使用とかには興味がない。まああえて

言うなら関西空港・伊丹空港でお土産等を購入する際 5-10%飲あり引き

が効くことがある程度だろうか。

 まあ それでも「プレミアム会員」という少し優越感が味わえるので今回は

良しとしておこう。

 

 ということで 昨夜も車で関西空港から帰宅しました。

 

 

スポンサードリンク

今度は・・・・・経団連の会長の出身会社の子会社で  No2310

 今度は 東レ子会社による 不祥事が発覚している。

 

  東レもはまった「特採」のワナ データ改ざん底なし

Screenshot20171128

 先の三菱マテリアルの子会社に隠る偽装問題でも「特別採用」という手法が

問題として NHKニュースでも取り扱っていたが 少しNHKの報道の仕方は

疑問があった そこは上記日経記事が正しい 引用しておこう。

 

  特別採用とは不適格製品の取り扱いの手法だ。国内の素材・部品業界では

 一般的な商慣行で「特採(トクサイ)」と略される。品質マネジメント規格

 のISO9001にも、この概念に関連する規定がある。顧客が要求した品質で

 はないが不良品とまではいえない。納期や数量を勘案すれば、誤差の範囲と

 して取り扱ったほうが得策だ。最終製品の品質に影響を与えないことを前提

 に、顧客に許可をもらい出荷する。

  ただ、トクサイはあくまで応急措置との位置づけで、できるだけ早く正規

 の品質基準に合わせるのが本来のルールだ。東レハイブリッドコードは、ト

 クサイの趣旨を逸脱し、不適格製品の出荷を品質管理担当者の判断で「許可」

 した。また、三菱マテの3子会社もトクサイを悪用。「顧客からクレームが

 なければ問題ない」として、規格外の不正品を正規品として出荷していた。

 

小生が問題にしたのは上記半ば以降の記述である。

 

  ただ、トクサイはあくまで応急措置との位置づけで、できるだけ早く正規

  の品質基準に合わせるのが本来のルールだ。

 

この場合 通常は製品品質を規格をクリア出来るまであげることが本来であるが

もう一つ方法がある。

 納入先・受け入れ先が協議しその部材を使用した製品の品質レベルの低下が起

きないのであれば 規格そのものを緩和する方法である。

 今回の東レ子会社も先般の三菱マテリアル子会社の場合も 現時点では安全性

についての問題性は無いとの公表していることからも それは御理解いただける

とも思う。

  

 ところが 特に大企業はその形で品質基準を下げることはまずしない(小生の

経験上ではということだが)

 規格を緩和することは 製造を容易にし価格を下げる効果もあるのだがなぜ

それをしないか?? よくわからないのだが 規格だけは変わらない。

それが 何なのか 小生は大企業の体質及びエゴを感じている。(例え担当者が

その規格を緩和しても構わないと考えていても上司にはねられるのが常である)

 その為 無意味な高規格の数字が独り歩きする 納入業者も大企業で有れば、

そこに「拡大解釈」が生じ 現在の事体になっているように思う。

 (あくまでも日本の経済界の中での話で 外国の企業はこれを認めることは

  無いだろう)

 そうして 大企業のDATA改ざんは継続される。

  

 因みに 今回の騒動 東レの子会社での問題であるが 現在の経団連会長は

東レ出身であり この事件時には社長・会長であった。

 日本大企業の頂点団体である。小生は 以前偽装請負の問題で当時の経団連

会長の会社が当事者であったことを批判したが どうやら経団連は「偽装」が

好きなのかもしれない。

 

スポンサードリンク

果たして自動車はどうなるのか??  No2309

 実は今世界中で一般消費者が購入する商品を作っている比率で日本製は減少

していくばかりである。最たるものがエレクトロニクス産業で 日本メーカー

のブランドは付いているが その実中国メーカー製と言いうものが増えている

ことは みなさんもご承知であろう。

 

 そんな中数少ない日本製の工業製品に自動車が有るが、その自動車 昨今の

EVシフトで果たしてどうなっていくのであろうか??

 

 今 経済誌・経済情報サイトなどでは日本メーカーの出遅れを指摘している

人も多い。

 が反面 EV車のの未来がそれほど明るいとは 小生考えていない。英仏に

始まり中国が 国策として推進しているが 果たしてうまくいくのかどうか?

 EV車の最大の問題は 電力供給であろう。フランスは原発大国でどうにか

なるかもしれないが(その分 ドイツに売らなければいいので)中国は今でも

地域的には電力不足である。 もし今や世界最大の自動車消費国である中国が

一気にEVシフトしようものなら またたく間に電力不足になるように思える

のだが??

 それに対応するためには 一体いくつの原発を稼働させる必要があるのだろ

うか??

 更に 所謂新興国ではインフラ整備の遅れが常に指摘されているが電力も又

然りである。

 

          電力供給不足のリスクも

Screenshot20171127

 電力のないEV車は ガス欠のガソリン車と同じでどうにもならない。それ

が大量に道端の停車している姿は・・・・・・・・

更に、充電時間の問題が大きくのしかかる。30分での高速充電でもガソリン車

に対して5-10倍の時間ロスである。これはかなり大きいと思うのだが????

 また EV車の普及に伴い新たな資源の枯渇が騒がれている。

 

      EV普及を阻む「コバルト不足」は解決できるか

Screenshot20171127_ev

コバルト以外にも モーターに使用するネオジウムなども不足するのではない

だろうか??

 

 どうも 環境問題が絡むと 本来最初に議論スべきのコストや資源の問題が

おざなりになっているような気がしてならない。確かに環境問題は重要である

しかし その対策が「絵に描いた餅」では意味がない。

そのあたりをトヨタ始め日本の自動車メーカーは考え慎重にことを進めている

様に思う、反面ヨーロッパのメーカーはついこないだまでのディーゼル車信仰

の反動でいきなりEV社に行こうとして かなり無理しているように小生は思え

るのだが? 一部の評論家さんや学者さんたちは それをさておいて 

 

 「向こうが 先を進んでいる」

  

との考えを示されているようなのだが?????

 先頭を走るのがドイツメーカーであるが 自国の電力を自国だけでまかなえ

無いのに 電力食いのEV車に注力するのは 果たしてどうなのだろうか??

 

 また アメリカのテスラは ついにEVトラックまで発表しているが、現状

のテスラ3の量産状況はかなり遅れている。

 構想は良いのだが 現実の量産がついてこないのは それでいいの???

(こんなことまで書かれているが。。。。。。。。。)

 

   たとえ倒産してもTeslaは偉大な会社だ

 

そのあたりを慎重に見極めないと 何時までたっても真の環境対策にはたどり

着けないと思うのだが。

スポンサードリンク

いつまでも彼らが子どもたちの憧れでありますように No2308 

 昨日 何気なく近所の消防署の前を歩いていたときである。ふと消防署の前で

丁度小生の孫と同世代らしき子供さんとお母さんが 消防署の方を見ている風景

にであった。

Img_3192

キット消防車を見て

 

 「かっこいいね!!」

 

と話をしてるかのようだ。そう言えば以前小生の孫くんも小生お会いする奥様と

同じ場所に行き 同様なことをしていたらそれに気がついた消防士さんが消防車

に乗せてくれた ということが有ったようだ。

 そういう子供時代に経験したことが大人になる過程でどう変化していくかは分

らないところであるが 出来うるならいつの時代でも 消防士さんや警察官など

に限らず 制服を着る職業の人達は常に子供から見れば 「かっこよく」憧れの

職業であってほしい。

  

人のために奉仕する というのが本来の公僕の使命なのだがいつの間にやらその

精神は忘れ去られ 今ではこういう人も

 

 「公務員は公共事業の従業員であり決して公僕ではありません。

  みなさんと同じ一介の労働者です。」

 

 小生は一介の労働者が 子どもたちのあこがれの職業であろうとは決して思わ

ない。少なくとも「仕事に責任を持ち自負している者」だけが それになりうる

最低限の資格を有すると考える。すべての公務員にそれを望むのは無理かもしれ

ないがせめて 警察官・消防士・海上保安官・自衛官等は国民のために奉仕する

精神を忘れず いつまでも子どもたちのあこがれであるべきと考える。更には、

公務員に限らず 制服でその職種がわかる職種の人達はそれに誇りを持ち仕事を

全うすることにより 子どもたちのあこがれにもなりうると。

 

小生も子供の頃に憧れた職業は有った。惜しむらくはその願いを叶えることは

できなかったのであるが 今でもその仕事をしている姿を見れば 某らの羨望

があることは間違いない。そして 制服はそれをある意味象徴している。

 

 どうも昨今の世の中は 制服 に対する意識の変化がありそれを良しとしない

風潮も有るように思うが それは少し違うように考える。

 

 あの子供さんも キット「消防車」「消防士」のかっこよさに思わず足を止め

母と話ししているのだと思う。

 小生も、製造業に身を置くが少なくとも制服に袖を通す時その気持を忘れない

でいたいと 上の写真の子供に教えられたような そんな日曜日の出来事である。

スポンサードリンク

小生よりは少し年下だったと記憶しています。 No2307

 小生の務める中小零細企業 その規模故常に経費との戦いである。どうしても

建屋などの修繕費は極力抑えたいのである。

 事務所棟は一応鉄筋コンクリート造り一部五階建てのものでは有るが なにせ

小生より少しだけ若い 50年ものでありあちこちに傷みが出ている 先般の台風

のときなど雨漏りした結果 自動火災警報器が水漏れに隠る誤作動を起し大騒ぎ

で有った。

 

 (おそらく 同じような年月を酷使してきた小生の体もそうなっているので

  あろうとは 容易に想像がつく きっとどこかで突如故障するのでは?)

 

 ご承知かも知れないが 鉄筋コンクリート造りの場合雨漏りはその原因を特定

するのが厄介である。コンクリートのひび割れなどから水が侵入するのだが外側

と内側ではかなり離れているケースも有る。

 今回も水漏れの箇所はなかなか特定できないが 屋上では防水がかなり傷んで

いる。とりあえずはそこを応急的にでも処置しておきたい。

 ということで 昨日寒い中 屋上で格闘した。某穂歌一番傷んでいるのは給水

タンクの足元である。給水タンクを屋上に固定している金具の回りの防水シート

がそのエッジで破れて底から水が侵入しているきらいが大である。

 先ずはココから ということで工場で使うゴムのシートを継ぎ接ぎして破れて

いる部分を覆った。大胆にもボンドでの固定。(まあ ゴム同士なので接着する

であろうとの思惑)

Img_3187_2

Img_3188  

 後は接合部や隙間を シリコンコーキング材で充填。

Img_3189 Img_3190

   あくまでも素人作業の応急処置である。

 

 何せ ずっと座っての仕事で腰が痛くなる。更に吹き曝し屋上である。寒い!

キット寒い中屋上修理をしている小生に どこからか 石田ゆり子おねーさまが

 がんばれ!! と言ってくれているに違いないと心で思いながら。

 

 そう言えば 昨年夏には工場建屋の屋上の防水を そればかりは面積も広いの

で業者にやっていただいたが その時はすでにかなり暑い季節であった。日陰の

ない 屋上での作業さぞかし大変であったろうな!! と改めて思い 業者の方

に 石田ゆり子おねーさまの気持ちになって感謝する こやじである。

 (因みに そんな暑い中作業していただいた、業者の兄さんは 結構太った

  相撲取りみたいな体型であった 仕事でかく汗の量とは比例しないようだ

  多分 仕事帰りに ピッチャーでビール飲んでいるに違いないとその時は

  確信した)

全く余談ですが ゆり子おねーさま 今年の4月特番で ウォンテッドを踊って

いたが かわいい!!  と思うのは小生だけではあるまい。 

スポンサードリンク

記事検索
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード