2017年10月

日常買い物のキャッシュレス化の速度  紙幣感  No2281  

 先般足早に中国出張を行ったわけであるが このところ中国へ行くたびに

思うのは すごい勢いで日常の買い物でのキャッシュレス化が進んでいると

いう事実である。

 

 小生は以前よりキャッシュレス派である。とにかく 所謂電子マネーが使用

できるところで買い物・食事をすることにしている。

交通系ICカード(PITAPA・SUICA)・WAON・QUICPAY・IDなどが使える事

が買い物をする条件になっている。 

 今や日本でもほぼ全数のコンビニ・吉野家・マクドナルド等で それらの電子

マネーが使用できるので現金は余り必要ない。が、日本人とすれば それは

まだ少数派であろう。

 

しかし 中国ではかなりその事象が事なる。行ってみればお分かりになるかと

思うが中国国内の殆どの店(たとえそれがマッサージでも)のレジカウンターに

は QRコードが掲げてある。それは 客がそのQRコードを読み取ることで中国

独自の決済システムを使ってお金を支払うことができるのである。

Snapcrab_noname_20171030_175645_no0

 QRコードには 其の店の情報が記載されていて その口座にスマホから

情報得て お金を支払う仕組みで 中国式LINEでもあるWeChat(微信)など

その決済が行えるのである。

 それが凄い勢いで普及している のが現実の中国なのである。

 

それに比べると日本の通常ショッピングのキャッシュレス化はなかなか普及

していないようにも映るが それについて面白い考察がでていた。

 

 ダイヤモンドオンラインから

 

    中国の紙幣はなぜ汚いのか、その意外な理由とは

 

これも直に触った人ならおわかりだと思うが 中国の紙幣は多くがぼろぼろ

というか汚いというか 流通しているものは質が悪い。もともとの髪質が悪

いというのも有るだろうが それにしても 1元札 5元札などの定額紙幣は

かなり汚い。最高額紙幣である百元札でも 結構ヨレヨレのものが有る。

 日本の千円札と比べても それは質のレベルが低いように思える。(個人

的な主観かもしれませんが)

 

 それは 何故か?? というのが上記の記事の始まりである。

 著者は 其の原因がまず 特に中国の男性は あまり財布を持たなかったと

いう点 そして紙幣の流通期間(中央銀行からでて中央銀行に戻ってくるまで

の期間)が日本より遥かに長い点(広大な国土が影響しているところもある)。

を指摘した上で 根本的には

 

 日本人は、お金をある種「神聖なもの」だと考えている

 中国人は、お金はあくまでもモノとの交換手段でしかないと考えている

 

と指摘している。

 其の証拠に 日本のポチ袋や祝儀袋の種類の多さを上げている。

 

 そして その紙幣に対する感覚が キャッシュレス化への以降スピードに大

きな影響を与えているのかもと。。。

引用すると

 

  紙幣がモノとの交換手段としてしか扱われず、紙幣を粗雑に扱ってきた

  中国では、世界で最も速いスピードでキャッシュレス化が進み、紙幣は

  財布とともに消える運命となりつつある。一方、紙幣を“神聖なもの”

  として大事にしてきた日本では、キャッシュレス化が遅れ、私たちは10

  年前とほとんど変わらない現金中心の生活をしている。

 

同じ 東洋人なのだが 過去の文化が現代の時代に与える影響が大きいとも

 著者は 

 

   もしそうだとしたら、とても興味深い。

 

と締めていたが 小生にも非常に興味深い記事であった。

 

因みに 小生が極力電子マネーを使うのは 小銭を硬貨で持つのが嫌 という

のが一番大きな要素で 決して紙幣を粗末にはしていないつもりですが。。。。。

  (第一 そんなに多量に紙幣を所有したことがない。。)

スポンサードリンク

ダメになってしまいたい?  ビーズソファ  No2280

 我家のリビングには今まで椅子・ソファー類はダイニングチェア以外は置いて

いなかった。部屋が狭くなるのがイヤという理由からである。

 (但し冬場には こたつ となるテーブルは当然除外されている) 

しかしながらリビングで寝ながらテレビを見るという時にはやはり枕代わりになる

何かがほしいとは以前から考えていた。

 

 そこで先般 思い立って 「人をダメにする」 とも言われるビーズクッション

(ビーズソファ)なるものを 台風21号の接近するさなか近所のニトリで購入

してみた。部屋が狭くなるのを嫌がっていた割に 購入したのは 大小のうち

で「大」である。

 Snapcrab_noname_20171029_134051_no0

洗濯のできるカバーも一緒に購入した。

Img_3122   

 中国出張もあり余り愛用できているわけではないがやはり心地よい。TVを

見るときにはこれに限る。中に入っているビーズがこちらの思うように形を変

えてくれるので具合がいい。

  

但し ビーズの量が多いのか少しビーズソファが小生の体を押しのけるきらい

が有る、枕にしていると徐々に体ごと押しのけられ 頭の位置が下がって来る

のである。

 そこで 少しビーズの量を減らしては??と中からビーズを取り出して見た

 Img_3123

 取り出しには 洗剤の計量スプーンが最適であった。

  

ファスナーを開けて驚いたのだが ビーズは1mm以下の極小である。今更なが

らネットで調べてみると この小ささがビーズソファーの心地よさの肝である

ようだ 形状が小さいからゆえ重量により自在に形を変えることが出来それが

心地よさにつながるのだそうだ。

 あとで見た説明書には 約0.3-0.5mmマイクロビーズ使用 と書いてあった。

取り出した ビーズは 以前から使用していた別の枕・クッションに入れた。

 (それでも余ったので袋に入れて保管)

 

適度にビーズを抜いたお陰で クッションが小生の体に勝つことがなくなり

いい塩梅である。 

 

 これで快適にテレビが    

 あーーーー これで 小生はますます ダメに なっていく!!!!!

 

スポンサードリンク

35年前  あの頃は若かった。。。。  昔に戻って  No2279

 先般書いたが 映画「ブレードランナー」(1982年)の後編が35年の時を経て

公開されている。(小生も昨夜見てきました)

 Photo

 小生と小生の愛する奥様とが初めてのデートで見た映画なので思いも深い

この映画公開時は余り人気がなかったがその後のビデオセルで人気に火が

ついた変わり種の映画でも有る。

 因みに 「ブレードランナー2049」は「ブレードランナー」の30年後の世界

という設定であるが ということは「ブレードランナー」の設定は2019年つまり

再来年である。どうやら映画とは違って現実の社会では車は空を飛んでいな

いようだ。

 前作 小生が22歳の頃の作品有るが思い返せばあの頃は若かった。20歳代

30歳代(ある人に言わせせれば40歳代も)小生尖っていたようである。何か

につけて怒る・突っ走る傾向が多々有った。それが肉体の衰えとともに精神

的にも衰えたのか 最近は「穏やかになった」らしい・・・・・・・・・・

 昔小生の周りの人は ピリピリした緊張感が有ったとも それが穏やかに

なった今では ユルユル感が・・・・・・・・・

 

 そんなことではいけない もっと緊張感を持たないと!! この映画の公開

を期に改めて若返りを図らないと と思う次第である。

 

 先般の選挙で破れはしたが「しがらみのない**」と言うのは時として確か

に正しいのではないだろうか?

 人は社会活動を通じて世間という棘に磨かれて丸くなっていく(本人が気が

つかないうちにだ)人間関係が生じ その繋がりで「しがらみ」が生じていく

それはお互いの気持ちを極力傷つけない様にするものでは有るが 政治・経済

の分野でそれにとらわれていれば より正しい姿へ変えていくことへの障壁に

なりうる。

 若者たちへと社会を繋いでいくためには 「しがらみ」をも引き継いでいく

のは正しくないとは思う。

 

 もう少し若返って 怒っても良いのかな?? と考えるこやじである。

 

因みに 若返るというか 35年前の愛する奥様(その当時は奥様では無かった

が)は 今考えると 確かに若くて 美しかった!!(ハイ 本当に)

35年経っても「ブレードランナー」のヒロイン役 ショーン・ヤングの今の姿よりは

綺麗なのでは と小生は確信している。(彼女は実年齢で小生の奥様より1歳上

である)

 ショーン・ヤング 「ブレードランナー」の頃

51ngbjumpl

 そして今

285pxsean_young_lf

 これは小生のプチ自慢でも有る。

(ある意味 時が経つのは恐ろしくも有る)

 

スポンサードリンク

日本に帰ってきたはずなのだが???  マナーって  No2278

 結局 昨日27日に予定を早めて帰国しました。本来小生が乗るはずだった

本日(28日)のMM064も欠航情報はでていません。(27日23:50現在)

 (沖縄便を完全に捨てて 大阪便だけ残す アイディアは流石ですね)

  

まあ 一昨日(26日)の段階での判断でもあり 先般台風が香港を直撃した際に

日本に帰国できなくなった御仁の事を嘲笑した手前もあり 早めの帰国決断と

相成りました。

 

 予定変更で 各位殿にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 

 さて 小生は確かに香港空港から飛行機に乗り関西空港についたはずなの

ですが関西空港から南海電車に乗り込んだ所 回りは賑やかな人たちしかも

大きなスーツケースをどういうわけか長椅子に座ってその前に置くものです

から 通路が完全に塞がっています。

Img_3116

しかも大きな声で向かい合わせの席(長椅子の電車の向い合せ)でおしゃべ

りを始める始末。

  

 ココは意を決して 中国語で叱りつけたいところですが 小生中国語まる

で喋れません。

 心のなかでブツブツ文句を言いながらだんまりを決め込んでいました。

 

 そのうち彼・彼女らのスマホには着信音が・・・・・・・ そう中国・香港では

電車・バスなどの中でマナーモードにする文化がありません。

(其の為小生も向こうではマナーモードにしませんし 車中でも電話して

 います)

  

しかし ココは確かに日本のはず であれば日本のマナーをまず知るべきで

あると考えますが?(旅行ガイドに書いていないのか??)

  

 小生 他国は知らないのでわからないのですが 欧米では車中の携帯電話

はどうなのでしょう???

 そのうち 日本でも車中のマナーモードが中国ナイズされないとも 限りませ

んが小生的には車内では寝たいところもあり 今のママにしておいてほしい。

(根本的に車中で寝れるのも日本の治安の良さのなせる技でも有るのですが)

 

 新聞・SNSなんかで外国人旅行者のマナーについて批判が出ているのを

見ていましたが、確かに目の前で車内通路を専有されるのを見て 初めて顔

をしかめた小生であります。

 ふっと未だ中国にいるのか??と錯覚すら覚える 帰国時の出来事でした。

 

今度 中国駐在に そういうときの叱る言葉 教わっておこう!!!

スポンサードリンク

ついていない とはこういうことなのか  台風22号  No2277

 昨日書いたが 25日から中国へ出張中で帰国予定が28日なのだが。。。

 

 先般より小生には水難の相 交通難の相が出ている。今回の予定は少し前

から立てていたのだが ココへ来て 台風22号の影響が。。。。。。。。

 26日正午現在の予報がこんな感じである

Snapcrab_noname_20171026_10727_no00

28日に 沖縄地方の最接近し 沖縄地方は大荒れの天気が予測されている。

 

 

 前回の台風21号では小生の周辺でも多数避難勧告がでて大騒ぎで有った

鉄道網への打撃もかなり大きく 台風通過後の25日ですら多数の路線が運休

していた。やはり台風は侮ってはいけないという教訓がある。

 

ところで今回の出張も LCCピーチでの往復なのであるが 予定帰国便の

28日香港空港15;55発のMM64便は 当日沖縄から飛んで来るもので

ある。

 上記の天気予報の通り台風が進行するとでは おそらくであるが沖縄関係

の飛行機 28日はことごとく欠航になる可能性が非常に高い。

 

 ご承知の通りLCCの場合 欠航となっても当該便の料金が払い戻される

だけで それ以外の振替処置等はまず見込めない。(一応翌日等の便に空き

がある場合は可能であるが)

つまり小生は朝 中国国内を出発しても空港にたどり着いた時に乗れる飛行

機が無い可能性が高いことになる。

 宿を手配し翌日の便 というのも考えたが。。。。。。。。。。。

 

 結局 予定を切り上げて27日に帰国することにした。

28日の便を変更しようと思ったが前日ということと 一番安いチケットでの

手配だったのでできなかった、そうなると28日が欠航になることを祈るばか

りでもある(身勝手な理論であるが)

 

 恨み深しは 台風22号である。

因みに 通常キャリアでの現在の香港-大阪の往復料金は総額で6万円

をなかなか切らないようだ(運賃だけで48000円ぐらい)

 今回(本来の25-28)の費用は総額16810円と格安であったのだが

さらに今回改めて購入した27日の分が21500円 足しても 38310円

でこれでも通常キャリアよりはるかに安いことになる。

 LCCの威力は凄まじい。

 (仮に28日の便が欠航になると 9600円が戻ってくるはずだが、、)

 

 26日15:30現在 28日便で沖縄絡みの欠航が公表されている。

しかしながら 小生の搭乗予定のMM064便は欠航とはなっていない。

おそらく大阪-香港便が折り返し 香港-沖縄便になるのを香港ー沖縄便

を欠航にして その機材を香港ー大阪便(MM064)に振り変えるようだ。とな

ると小生には払い戻しがないことになる。。。。。。。。。。。。。。。。

まだ現時点ではそうだが とにかく28日の便はかなり乱れることが決まり

なので ココは 変更した予定通り27日帰国がベターかな???

 

 さて ピーチであるが11月から香港便がしばらく減便になるようで小生が

愛用している便が飛ばなくなる(沖縄便を冬ダイヤからしばらく休止との)

ちょうどいい時間で飛んでいて非常に使い勝手が良かったのだが。。。

 当面は 香港系のLCC 香港エキスプレスをしようするしかなさそうで

あるが 関西空港を 06:30出発 か 14:00出発となりそうだ。

早朝便に乗るには車で関西空港に行くしか無く 14時の便だと当日の中国

入がかなり遅くなる

 (帰国便は 15時前後の便がありピーチとさほど変わらない)

 

 11月にも訪中の予定があるので 香港エキスプレスで予約はしたが。。。

また 後日レポートします。

スポンサードリンク

記事検索
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード