2016年10月

スティックPCを購入してから。。 AMAZONプライムは果たして No2019

 先般 スティックPCを購入してから少し休日の過ごし方に変化が。。。。

 

  小さな パソコン スティックPC  No2005

 

購入したのは Intel Compute Stick BOXSTK1AW32SC であるのだがコレは

どんなステックPCでも同じであろう。最近はノートPCなみのCPUを積む

がコストも4-5万円ほどの物が出ているようだがそこまでは必要ないのでは?

 小生の購入した物で十分であろう、いやそれ以前昨年ものでもとさえ。。。

 

 さて どう休日の過ごし方が変わったかというと。 

 

今までHDDレコーダーにドラマ等見れないものを録画していたのだが その

必要が特に民放のドラマ等では無くなった(但し一部の番組を除く)。

民放の公式ポータールサイト

 

  TVer(ティーバー)  

 

のおかげである。

織田裕二さん主演の「IQ246」は1話2話ともTVerで1日遅れで見ている

   (小生 このO1年 日曜日は 21時には寝るという習慣が。。) 

他にも 酒場放浪記を空いた時間に見たりして。。。

     (そう言えば先般は その舞台 八木駅でしたね) 

 普段見ないような番組でも休日時間があれば見れる しかも録画をSETする

手間が不要なのがありがたい。

 (NHKオンデマンドでブラタモリが有料なのはなんとかしろと言いたいが)

しかもステックPCはその再生はテレビそのものを使用するので違和感がない。

  危ないと言う噂もあるが外国のサイトではほぼすべての番組が見れるようだ。 

 

 

 このステックPCはAMAZONで購入したのだが AMAZONといえば

以前書いたこともあるが 今年4月から購入金額が2千円を超さないと送料が

かかるようになってしまった事はご承知であろう。 悩んだ挙句小生AMAZON

の使用が多いので結局プライム会員になってしまった。年額3900円の会費

どうやってもとを取ろうかと考えていたのが このステックPCを使えば映画

等が見れることに気がついた。

AMAZONプライム会員になれば

 

    お急ぎ便(早めに商品が届く)が何度でも無料

    日時指定便(日にちと時間を指定して届けてもらう)が何度でも無料

    2000円未満の発送は送料350円のところが無料

    プライム・ビデオにある映画やアニメが見放題

    プライム・ミュージックにある100万曲以上の楽曲や音楽が聴き放題

    プライムラジオでジャンル別に好きな音楽をかけ放題

    Kindle端末所持者なら毎月1冊オーナーライブラリーの中から無料で読める

    Amazonファミリーでおむつとおしりふきがいつでも15%OFF

    会員のみタイムセールに30分前から優先的に参加できる

    フル画像を保存できるプライム・フォトを無制限使用

Amazon   

という特典がつく。小生は2千円未満のものでも送料無料に惹かれていたの

だが それより遥かに特典が多いのでコレを使わずには。。。

 

 ということで 昨日昼 いつもの定時番組が通常時間より1時間繰り下げ

放映であったので 昼食時から2時間ばかり時間があり 思わず映画を1本

見てしまった。

Photo

 映画館でも見たのであるが 改めて見てそのバイクアクションに感動した

次第であります。ごく短時間だけ画像が乱れましたが 他の問題はなく楽し

めました。

 コレなら今度 孫くん・孫ちゃん兄妹が帰ってきた時昼の退屈な時間には

子供向け番組を見せるという手が十分使えそう!!。 

 

 そして この記事は 尾崎亜美さんの SHOTを聴きながら

Shot

 書いています。懐かしいい・・・・・

 年額3900円 325円/月

当初は高いのでは?・とも考えましたが 今では妥当かな?に考えが変わって

来ています。

 

 電子書籍に関しては 問題もあり お怒りの方々も多いように思います。

 (AMZON側の対応も確かにまずいものが。。。)

使い方次第で 便利でも有り 不都合でもある NET社会でも有ります。

 

 因みに AMAZON 実はJALのHPから入ると購入した際にマイレージ

ポイントが付きます。

恒例のご報告と  先般見た映画で気になる事   No2018

 扨、我が愛機 DynaBookR732であるが購入したのが2012年9月29日

  

  Dynabook R732/W3TF 型番:PR7323TFRBBW3  No525

  なんとかセットアップ  これでいいのかな  No526

  

昨日が2016年10月29日であったから丸49ヶ月 いつのまにやら5年目に突入

しておりました。

 すこぶる快調であります。

 

恒例の報告

 前回が 恒例の御報告 41ヶ月経過  快調です  No1778 でしたが

20160303191010

昨日の状態がコレ

20161029140000

総書き込み量が9809GBですので  200GB/月 8GB/日となります。

41-49ヶ月の期間で見ると 93GB/月 3.7GB/日で前回同様1日あたりの

書き込み量は 3-4GBレベルで収まっています。

  

ウェアレベリング回数は 114回 1回あたりの書き込み料は86GBとなります

   (41--49ヶ月 期間中では 57.2GB)

予測寿命式に当てはめると

  (1-114/5000)*100=97.72%の消耗

なので

  予測寿命は 2149ヶ月 179年  (後2100ヶ月はもつ??)

と言うことに。もはやSSDの寿命は無限に近いのでは??とさえ思える。

 

  話は全く変わります。

 

さて そんな小生の愛機とは全く異なりますが 愛機「エンタープライズ号」

をこよなく愛するカーク船長の物語 スタートレックシリーズの新作

  「スタートレック BEYOND」

Syb

 を先般見てきました。(実は22日に)  

相変わらずの出来で面白かったです。

 

ここからは ストーリーに少し関係しているので これから見ようとする人は

ご注意を。

 

  

今回の物語 映画全般の話はかつて小生が 小どものころ見た円谷プロの

名作「ウルトラマン」の第23話「故郷は地球」 につながります。名監督

とも言われた 実相寺昭雄 さんの作品になります。

(出てきた 怪獣名を書いちゃうと モロネタバレするかもしれないので)

 

 ただ、井手隊員が叫ぶ言葉は 今も忘れえない名セリフかもしれない。 

    

 あのモチーフは日本人とは異なる価値観をもつアメリカ人にもやはり理解

されるべきものなのでしょうか??(地球人と言えば 全く同じですし)

 何か 最後には物悲しいものを感じるのは小生だけでは無いと思います。

 

後は素晴らしい出来なので 一度映画館で見てくださいね。

   

 ところで この映画には第2次世界大戦のことに使われた軍艦の名前がよく

出てきます。それも軍艦同士の戦闘が熾烈を極めた太平洋戦線のアメリカ艦隊

の船名です。アメリカでは船名が引き継がれていくのが通常ですので、やはり

主役「エンタープライズ」は第二次世界大戦当時に太平洋戦線でもっとも活躍

した空母でも有りました。

  

今回は基地名になっていますが「ヨークタウンも」同様アメリカ太平洋艦隊

の主力空母でありましたし、映画の中では100年ほど前の船「フランクリン」

もエセックス級の8番目の空母として太平洋戦線で活躍しています。

 (フランクリンと言う船名は既にその時で 5席目ですが)

  

この 空母「フランクリン」は1945年3月19日に高知県沖を神戸攻撃に向けて

航行中 日本海軍の陸上爆撃機「銀河」の特攻に近い攻撃を受け爆弾の直撃を

受けている(攻撃した銀河は直後に撃墜されフランクリンの航空甲板に破片を

撒き散らかしている。)。攻撃したのは銀河ではなく「彗星」と言う説もある。

フランクリンは浸水 右舷に傾いたがなんとか沈没は免れ本国に帰還している

Attack_on_carrier_uss_franklin_19_m

このエピソードはゲイリー・クーパーが主演した1949年の映画

 『機動部隊 Task Force』

でも描かれている。

  

今回のスタートレック BEYONDでも フランクリンは惑星に不時着する

もカークらによって 復活し活躍しているが コレは第二次世界大戦時の空母

「フランクリン」をもじっているのかもしれない。

 

10ヶ月飛び続けるツバメ  飛びながら寝る??  No2017

 小生が中学生の頃 世界的なベストセラートなった小説があった。日本語

訳は 五木寛之氏が行っているのだが、その小説 リチャード・バック著

 

  「かもめのジョナサン」

 

であるが、小生も中学2年生の頃読んだことがある。

  (50歳以上の方なら読んだことがある人も多いかもしれない)

 主人公ジョナサンは かもめが群れをなしてその生涯を終えることに疑問を

抱く 空をとぶことが好きな彼はその飛行技術を高めることに人生の目標を

感じそれに勤しむ・・・・・・・・ と言う なんともおかしな話でもあるが。

  

 その中で コレはないだろう!! と思ったのが 主人公のジョナサンが

飛行技術に磨きをかけ取得した「飛びながら寝る」というくだりであった。

 

 生き物である鳥が 空をとぶためには翼を羽ばたかせる必要がありそれを

やめるということは すなわち墜落するということにつながるはずである。

まあ グライダーのように翼を固定し滑空している状態の短い時間であれば

それも可能であろうが。。。。。

 

 (小説ではジョナサンは最終的に瞬間テレポテーションまで身につけること

 になっているのだが。。。)

 

 まさか飛びながら寝るなんてことは。。。と昨日まで55年間以上生きて

きたが どうやらその考えは誤りであったようだ。小生に屈辱の誤りを認め

させたのは「かもめ」ならぬ「ツバメ」であった。

 

  10か月飛び続けるアマツバメ、鳥類の連続飛行記録を更新

 Photo

ツバメ類は長期間飛行することは知られていた、46年前に英国の研究者ロン・

ロックリー氏がヨーロッパアマツバメが生涯の大半を飛行して過ごすとの仮説

を提唱していたらしいが今回スウェーデン・ルンド大学のチームがヨーロッパ

アマツバメ13羽の背部に、重さわずか1グラムの超小型データ記録装置を取り付

け、飛行状況や加速度、位置情報などを収集した。

 

と記事にある。その結果 10ヶ月間一度も着地しなかったというのである。

 実は「飛びながら寝る」鳥は他にもいるらしい(小生が知らなかっただけの

様である)が 10ヶ月一度も着地しないというのは。。。。。。

  

 上記研究では、10か月間の99.5%を飛行して過ごしたという。

 

   どれだけ空が好きやねん!!

  

と思わず突っ込みたくなる。

  

 空中で食べ・寝て(おそらく生殖行動まで空中ではないだろうか??)

 空がその人生のすべて ってなんかいいではありませんか???

 どこかの航空会社がそのマスコットとしてヨーロッパアマツバメを採用

しそうな???

    

ここまで空に滞在するなら 0.5%の地上 何のために?? そして何を

しているのであろうか??

 小生 そっちの方に興味をそそられるのだが???

   

 かもめのジョナサンならぬツバメの**さん その人生はほとんど空中だ。 

関西電力の__を担当している保安会社です  No2016

 苦節5年半ようやく記事Noが年号に追いつきました。。。。。。。。

ということですが  全く関係ないお話を。

 

 大きな会社に努めている方はご経験がないでしょうが中小企業や個人商店

には それはもうあの手この手での営業電話がかかってきます。中には詐欺

まがい。。。いや明らかに詐欺のものも。

 

 多いのは大きな会社 特に公共料金と呼ばれるものを提供する会社の関連

を装うもの。

 「NTTの調査を担当している、A社ですが。?」 

とか

 「関西電力の調査業務を担当しているB社ですが?」

というたぐいのもの。

 かけてくるのは NTTや関西電力とは全く無関係の会社です。あくまでも

調査や業務を担当しているのであって正式に契約を交わした「委託業務」では

決して無い。

  

そして、NTTなら電話業務・関西電力なら電気担当に取り次げという。個人

商店なら おそらく電話を取った人がその担当である可能性も高い、中小企業

でも事務所などで電話を取ればすぐそばにいるはずである。

 その後はNTTや関西電力からの請求書を見てくれと話してくることが多い

向こうは こちらサイドがNTTや関西電力とどのような契約になっているか

知らないため まずそれを知ろうとするのだ。その後は 契約内容ごとにやれ

こう言う製品を使えば電気代が安くなるとか こう言うアダプターを付ければ

通信費が下がるとか 結局商品を売りつけるのである。

  

 その際、少し専門的な言葉を使いあたかも最新鋭の商品なりサービスなりで

あることを装う、個人商店等であまり詳しく知らない奥様などを 煙に巻く為で

ある。

 しかし、その実かけてくるオペレーターはマニュアルにて教育を受けている

だけで実は詳しいことは全く知らないのであるが。。。。。。。。。。

 最近は流石にその手の電話減ったかな?? と思っていたら昨日かかってき

ました。

 こう言う場合 忙しい時は直ぐに電話を切るに限るのだが、たまたま少し空

き時間であった。

 

 『もしもし 関西電力の**を担当しております保安と申します』

  (関西電力までははっきりと大きな声だが以降は小さくなり早口である) 

 

 「えっ 何会社??」

 『関西電力の**を担当しております保安と申します』

 「だから オタク様の会社名は??」

 『関西電力の**を担当しております保安と申します』

 「ほあんと言う会社ですか??」

 『はい 関西電力の**を担当しております保安と申します』

 「関西電力さんではないですね?」

  『はい 関西電力の**を担当しております保安と申します』

 

  

と冒頭から拉致があかない、(いい加減遊ばれていることに気がつけよ!)

  

 「で 用件は何」

 『はい この度電力使用量の調査を行っており お客様の使用状況を

  確認いたしたく・・・・・』

 「関西電力の調査なら そちらで分かるでしょう」

 『ですから その使用量の調査で』

 「えーー 関西電力がうちの電気使用量がわからないの?」

 『で すから(このあたりから少し声が大きくなった) その調査で

  お客様の電気料金のご請求書を見ていただきたいのですが』

 「なんで観なあかんの??」

 『ですから。。。。。。。 請求書を・・・』

 「こっち、請求書来ないねん WEBで確認している」

 『でしたら WEBを見ていただいて・・・』

 「だから なんで観なあかんの」

 『その契約内容の 詳細を・・・・・確認させていただいて・・・

  契約電力の見直しを・・・ お客様には沢山の機会があると思うの

  ですがその中には 不要に契約電力を増やす物がありまして』

  (おそらく 力率のことを言いたいのかもしれないが・・・・)

 「そんなもん きょうび-デマンド計-がついてて何しても一緒やん」

 『その 電力をですね・・・(声が小さく)』

 「だから 何やねん」

 『分かりました ありがとうございました』ガチャン

 

と 暇つぶしができた次第で。

 

 世の中には 同じように遊ぶ人も多いようで

 

   迷惑電話「株式会社 電気保安会社」(まんま)とバトル

  電気保安会社

  電力会社から電話。それ詐欺かも!

  

一番上の記事など7年も前なので 「保安会社」の人も頑張っているのね!

と妙に感心したりしました。

 

みなさんも この手の電話に気をつけましょう。

(因みに 電力会社・NTTなどから電話がかかることはまずありませんし

 請求書を見ろは絶対に言いません)

暇な時には遊んであげましょう!! 

Hoan  

司法判断をすべき内容なのかどうか?? 大川小学校訴訟 No2015

 昨日、仙台地裁は東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった 宮城県

石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県を訴えていた裁判で司法判断

を下した。

学校の責任を認め、計約14億2660万円を支払うよう市と県に命じたのである。

 Okawa_2

 東日本大震災の最大の悲劇とも言われるこの事件に初めて司法判断が下され

たのであるが その感想 皆さんはいかがであろうか??

 

 以下は小生の私見である。

 

 確かに犠牲になられた74名の児童の皆様のご遺族の方々にとってはいたた

まれない惨劇であった。その心情は、言葉で表すことのできないことであろう。

しかしながら この惨劇の責任が果たして学校(教職員)にあったかどうかに

ついては疑問を感じる。無論教職員は学校生活において児童の安全に配慮する

責任・義務があるこれに異論はない、しかしあの時あの状況でその判断が果た

して。。。。。。。。。

 

ウィキペディアでおさらい

 

  地震直後、校舎は割れたガラスが散乱し、余震で倒壊する恐れもあった。

 教師らは児童を校庭に集めて点呼を取り全員の安否を確認したのちに、避難

 先について議論を始めた。学校南側の裏山は有力な避難先であったが、悪天

 候(降雪)の中、急斜面で足場が悪いことから、児童らが登って避難するに

 は問題があるとされていた。約200m西側にある周囲の堤防より小高くなって

 いた新北上大橋のたもと(三角地帯)も避難先候補となり、裏山へ逃げると

 いう意見と、老人も含まれていることを考慮して三角地帯にするべきという

 意見が教職員の間で対立し、最終的に三角地帯に避難することになり移動を

 開始した。(事件はその直後発生している)

  地震発生から津波到達まで50分間の時間があったにも関わらず、最高責任

 者の校長不在下での判断指揮系統が不明確なまま、すぐに避難行動をせず校

 庭に児童を座らせて点呼を取る]、避難先についてその場で議論を始めるなど

 学校側の対応を疑問視する声が相次いだ]。普段から避難に関する教育を徹底

 し児童らだけの自主的避難により99.8%が無事だった釜石の全小中学校]や、

 地震直後より全員高台に避難させ在校児童が全員無事だった門脇小学校と対

 照的とされた。宮城県が2004年3月に策定した第3次地震被害想定調査による

 津波浸水域予測図では、津波は海岸から最大で3km程度内陸に入るとされ、

 大川小学校には津波は到達しないとされていた。そのため大川小自体が避難

 先とされていたケースもあり、実際に地震の直後高齢者を含む近所の住民が

 大川小学校に避難してきていた。

 

  

あの震災で 津波が大川小学校にまで到達することを予測できたであろうか?

(裁判では予測できたと判断しているが)

少なくとのこの事件では責任を追うべき教職員の11名中10名が犠牲になって

いる。自身の命をも守れなかった。人間は最終的には それは本能であろう

が自身の命を守る行動に出る。コレばかりは生き物である以上仕方あるまい。

当然自身の命が危険にさらされているかもしれない状況で どこに逃げれば

いいか?を議論するのは致し方ないと思う。既にマニュアルにある避難場所

にいるのにもかかわらず逃げる場所を探す。。。。。

   

 おそらく 児童も避難してきた高齢者もおらず教職員だけなら裏山を登る

ことを決断したのではないだろうか??

 しかし その決断ができなかった、果たしてそれを責めることがで出来る

のであろうか???

 

 

重ねて申し上げる、遺族の皆様の憤りは十分理解しているつもりである。又

それが今回の訴訟につながることも致し方あるまい。しかしながらこの裁判

の判決はそれでいいのだろうか??と疑問を感じるのである。

 無くなれれた教職員10名の方々にも遺族の方々がおられる。

その方々は被害者の遺族なのだろうか? 加害者の遺族なのだろうか???

 

 今回の司法判断にはその点がの配慮がないように思える。。。。。

 と言って 小生には本来判決はこうあるべきであったと言うものは無いので

あるが、可能性として

 (唯一 思うのは司法判断するべき内容ではないと 訴訟そのものを棄却

  出来たのではないか???とは思うが)

記事検索
リンクリックブログランキング
楽天市場
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク