2015年10月

これは!!!!  ニュースですね    No1654

小生の会社には中国工場に駐在している方がおられる。大概の食事は中国内

で和食であれなんであれほぼ取れるのであるが 数ヶ月に一度はバスで2時間

程度かけて香港に出て食する事をしているのが 通称「ココイチ」のカレーである。

 (ココイチ ---- CoCo壱番屋です)

Kokoiti

 聞くところによるとココイチの店舗で世界No1の売り上げを誇るのが香港

の店である と聞いた事もある(日本国内では 沖縄県北谷の店舗だそうだが

やはりカレーはは暑いところでよく食べられるという事になるのだろうか?)

(因みに ココイチ 日本全国では1200店舗あるそうだ)

 

 さて そのココイチ を ハウス食品が買収するという

 

   ハウス食品、カレーの壱番屋買収へ 300億円で株の過半取得

 

小生がネットニュースでこれを見て思わず声を上げたところ 隣の御仁は

 

 「えっ ココイチのカレーが バーモントカレーに??」

 

と口走りなされた。

 そんな事は 無い 。。。。。。。。。。。。。。。。。。とは思うが。

 Photo

 

記事によると既にハウス食品はココイチ(CoCoI壱番屋)を展開する壱番屋

の発行済み株式を20%弱保有しており 中国ではカレー店を共同展開もして

きていたそうで 国内の外食産業に本格参入すると言う目的で株式を51%ま

で買い増し子会社化すると言う事である。

 (その内に バーモントカレー系のメニューーがココイチに」出現するかも知

  れない)

 

 

 所でココイチのカレー 種別の売り上げは??

   5位  チキンにこみカレー

   4位  パリパリチキンカレー

   3位  やさいカレー

   2位  チキンカツカレー

   1位  ロースカツカレー

とあった。(2015.4.19のテレビ番組からだそうです)

 皆さんは どれがお好みでしょうか???

小生的には売り上げ12位の メンチカツカレー が1位なんですが。

15196713735316874022daf

僅差で ロースカツカレーでしょうか??

160607224054ebd00530842

                      (基本 揚げ物系です)

 

 因みに 上記の番組では科学的にトッピングの相性を検証したらしく

そのランキングは

  1位(売り上げでは9位) クリームコロッケカレー

  2位(売り上げでは1位) ロースカツカレー

  3位(売り上げでは12位) メンチカツカレー

だったそうです。

 奇しくも2位3位が小生の好みと一致していて ヒョッとすると小生は

カレーが分かる男???

 

 しかし 相性1位が小生が絶対食べないクリームコロッケカレーとは

(コロッケはジャガイモコロッケでないと、コロッケの中身が溶けては

 絶対駄目です。。。。・・×××  ○○□□△△ 長くなるのでSTOP)

 

 ラーメンと並ぶ国民食 カレー

 この記事を読んだ皆さん どうです今日はカレーにしてみたら!!??

   (当然 ココイチで!!!)

中々疲れが取れませんな?! 所で睡眠時間は??  No1653

 朝帰国した一昨日(28日)は 早めに仕事を切り上げ ブログ書きも

そこそこに早く寝ようと帰宅していたのだが 「相棒」を見てしまい結局

22時過ぎに寝た事になる。

 

 その為か昨日も どうも今一であった 睡眠不足である。

小生 通常は平均すると 22:30就眠-05:45起床なので7時間と

少し寝ている事になる。仕事等で就眠時間が遅くなると睡眠不足になる。

年齢的に言うと寝ている方なのかとも考えるが 皆さんは如何でしょうか?

 3738715347_0479c96747

 実は小生の回りでも事睡眠時間移管しては千差万別で 4-5時間程度の

睡眠で十分な人もいれば 8時間以上寝る人もいるので良く分からない。果

たして適切な睡眠時間は どの程度なのだろうか?? 睡眠の深い・浅いも

多いに関係していよう 歳を重ねるにつれて睡眠が浅くなっているようには

思うが。。。。 深く寝れば睡眠時間は短くて済むような気がするのだが。

  

先般ベトナムへ同行していただいた御仁(小生より6歳ばかり年上)は通常

午前4時過ぎには起きるとか。。。。そう言えば 同じような事を2歳年上の

親戚も言っていたような?????? 

 そんなに早く起きて何しているの?と聞いたが 双方とも

 

  「目が覚めてしまうので。。。。。」

 

と共通の答えだった。結局新聞読んだり ペットと遊んだりしているらしい。

と言って早く寝ている訳ではなさそうである。

  

 これも加齢の症状なのだろうか?

  

小生も目が覚める事は多々あるのだが 基本2度寝 3度寝するようにして

いて 起き上がらないようにしている。(起きてしまうと目が覚めてしまう)

結構 2度寝は心地よいのだが。。。。。

 但し 始めに書いたように一度睡眠不足の症状が出ると 昔は一晩寝れば

元に戻ったような記憶があるが 最近は歳のせいか 2-3日はかかるよう

になった。(昔は寝だめが出来たような気がする)

 (そう言いながら日曜日には 20時過ぎから寝ている事は有る)

  

 歳をとるにつれて 運動量が減り それが原因で深い眠りにつけないと言う

事は十分あるように思うが、じゃ疲れればいいじゃん とはならない。疲れも

若い間は寝れば直ったが この年になると 睡眠不足と同様に尾を引く。

 やはり 歳をとる のは何かにつけて不自由になると言う事かも。。。

 

 今日はテレビ見ないで早く寝よ!! と現時点では考えているが果たして

 

ベトナム訪問記3 行きはよいよい  帰りは・・フラフラ  No1652

昨日朝 7:12 関西空港に帰国しました。電車で自宅に帰り一風呂

浴びてから会社に出勤 寝不足でフラフラながら来客がありなんとか仕事

をこなし 現在 18::00 此処に体力の限界を感じ帰宅します。。。。。

 

 大阪 関西空港からベトナムへ ベトナム航空のみが運行している。

行きは 関西空港を10:30にホーチンミン・ハノイ両都市行きが同時

刻でのダイヤ設定だ。(ハノイ行きの方はA320なので少し小さい)

 現地時間の14時過ぎに到着するので非常に便利である。

Iki  観光にもビジネスにでも使いやすい時間である。

当然小生もその便を利用したので 日曜日の夕刻はホーチンミンであった。

 

問題は帰りである。両都市ともなんと現地時刻0:00時過ぎ 日本時間

では午前2時過ぎに出て 朝7時頃到着という夜間フライトである。

(俗に言う オハヨウ大阪 フライトというやつである)

 Kaeri

 座席に空席が目立てば数席を占有して横になる事も可能であろうが、この

ところ訪日外国人の増加に伴い小生の帰国便も90%以上の搭乗率であり、

とてもじゃないが横になるだけの空席は無かった。

 

 流石にこれはツライ 実質的な飛行時間も4時間程度で寝られる時間は

3時間無い 飛行機はわざとゆっくり飛べないので仕方がないが。。。。

これが列車なら少し長めの運行時間で設定してくれそうな物だが。。。。。

 

 という訳で 本日フラフラに付き 本日のブログ記事もこれで終了。。。

帰宅して寝ます。

ベトナム訪問記2   No1651

昨日書き忘れたが 日曜日の朝 ベトナム行きの飛行機の乗る為久々に

関西空港の第一ターミナルに行ったのだが以前よりはるかに人が多かった。

20151025_062922

 ベトナム航空 朝方10:30に ハノイ ホーチンミンと二つの都市に便が

出る。その為に2便まとめてのチェックインであるが それに1時間以上要し

た。改めて 訪日観光客の増加 関西空港の好調さを感じました。

20151025_062414

さて今回のベトナムでは ホーチンミン市内の BON SEN HOTEL SAIGON

に宿泊している。大きなホテルではないが料金等でリーズナブルと聞いたが、

部屋内は2ルーム+バスルームとかなり広く 日本のビジネスホテルを愛用

する小生にとっては 広すぎる感がある。

20151027_064416 20151027_064442 20151027_064349 Img_1756

 まあ ある意味日本のビジネスホテルはたこ部屋に近いのだが。

 

所でインターネットへの接続状況(日本のサイト他への接続)という意味で

は小生にとっては 非常に悪かった。

何せ YAHOOのHPすら通常の状態では中々接続できない状況が続いた

(原因は不明)VPN Gateの接続を何カ所か試みて接続したり 時に

は何もしないのに接続できたり 良く分からないのだが。。。。。。

 その為 本ブログ記事をアップするときもかなりの時間を要した、

此処は 要調査である。

 Twitterは出来ないと事前に調べていたのであるが通知のみは中国同様

受け付ける。但し 小生が出張用で使う中国のSIMが入った3Gsは月曜日

の朝方一度ローミングが出来た後 全くローミングが出来なくなった。これも

3Gsの設定に問題があるのがそれともキャリアの問題化は不明である。

 

 ベトナムでの食事でベトナム料理の写真を撮るのをほとんど忘れていた、

最終日の今日撮影できればいいのであるが 今夜の飛行機で帰国するので

(この記事が公開される頃日本着予定)果たしてこの記事に間に合うか?

もしアップできれば この下に続くという事で。。。。

 取りあえず 朝食バイキングの フォー

Img_1757

帰国前に少し時間があり市内の戦争博物館へ

Img_1764

此処でも欧米の方々が 沢山

Img_1774

とてもUP出来ないような残酷な写真や 戦争時の影響が出ている写真

もありました このくらいが限界でしょうか??

Img_1770    枯れ葉剤により消えた森

Img_1772   この写真は確かピッツリアー賞取った物だと思います。

先般の南沙諸島の騒動でベトナムと中国が一触即発の状態になったとき

市内では中国人ボイコットがありタクシーとでも中国人の乗車お断りが。。

流石にベトナムです。

 

ベトナム訪問記  No1650

1975年4月30日 北ベトナム軍の進行により当時の南ベトナム大統領官邸

を南ベトナム政府は明け渡した サイゴン陥落である。 今は統一会堂と

して町に佇んでいた。

 20151026_143947_2

 1975年と言えばわずか40年ばかり前小生は高校1年生であったろうか

既にアメリカ軍は1973年ぐらいから撤退を開始していたが最後の場面でも

南ベトナム政府の援軍要請を要請を受け入れなかったという。

 

 そして今 サイゴン改めホーチンミンには多くのアメリカ人が観光に来

ているのは驚きであるが、、、日本も同様なのかも知れない。

 

さて今のホーチンミンであるが、かなり前にテレビで見た事は有ったのだ

がそれはもう凄まじいほど 町中はバイクの車列に埋め尽くされていた。

 20151026_143050_3

20151026_143045

 町の中では 車に対して5倍以上 イヤ10倍かも知れない驚くほどの

数のオートバイが道路を走り回っていた。

20151026_110302_220151026_110232_2  

 案内してくれた人が連れて行ってくれた近郊のクチン史跡ではベトナム

戦争のさなかゲリラ戦を展開したベトコンのトンネルや武器などを見る事

をできた、それは今考えてもちんけな武器達であるのだがジャングルの中

でトンネルから神出鬼没に出現するベトコン兵士にアメリカ軍は苦しめら

れ最終的には撤退している。数々のトラップや縦横無尽に掘り巡らされた

トンネルなど見物は沢山なのだが それをアメリカ人の観光客が見物に訪

れているのは 不思議でもあった。

20151026_111900

20151026_104815 20151026_110936_2

 案内してくれた人の両親・祖父母はアメリカと闘っている。その同世代

のアメリカ人らが訪れているのである。小生には40年の年月はそれを許

すには短すぎるように感じるのだが 聞くとかなり以前からアメリカ人が

観光に来る事は有るのだという。改めてベトナムの人々の懐の深さに感心

すると共に これこそが彼らの強さではないかと感じた次第です。

 

 あまり観光するところは少ないとのことも聞きましたが 町中心部には

フランス統治時代の建物が残っており郵便局はその中でも最も有名らしい

20151026_144503 20151026_144558

ホテルへ戻るときもタクシーはバイクとのバトルを繰り広げていた

市民の足は間違いなく バイクなのだろう。

20151026_091841

因みに食事では豚肉が。。。。。

20151026_142603

記事検索
リンクリックブログランキング
楽天市場
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク