2012年09月

なんとかセットアップ  これでいいのかな  No526

 昨日1日かけて何とか R732をメインマシンにする

セットアップを行いました。

 今までの環境は極力変えないというか ほとんど同じ

状態を作り上げる。

 フリーソフトや何やらをたくさん入れているのでとにかく

大変です。

 

 心配していたCAD関係は 7で動くようです。

 ゆずっていただいたオリジナルCADはXpモードで動かす

作戦でいけそうです。(Xpモードの起動が少しかったるい

ですが そこはあきらめましょう)

 

 何とか 元の2画面で立ち上がるようになりました。

Photo_20120929_142048_2

 ブラウザもファイラーも元のフリーソフトです。

 

今まで使い勝手がよかったものを使用しています。

 まだまだせっとしなければいけないものはたくさんあるの

ですがとりあえずはこの形で。徐々に完成度を高めていく

必要があります。

 

 

配線周りはできればドックを購入しすっきりさせたいのですが

そこは 予算の関係もあり現状は 直接繋いでいます。

 かなりごちゃごちゃになりますが やむなしです。

Photo_20120929_142050_2


 AC電源は繋ぎっぱなしにしています。

バッテリー寿命を延ばすためにプリインストールされている

東芝バッテリーマネージャーで eco充電モードにしました。

バッテリーの充電80%で止めてくれます。フル充電になら

ない様にするためのユーティリティーソフトです。

 

 これで思惑では 普段はこの形 外へでるときはディスプ

レイ等はずせばノートPCへ早変わり という作戦です。

 

 スピードは結構早く申し分ありません。

 さすがにSSDです。

Photo


 来週からの使用が楽しみであり不安でもあります。

 

 果たして この形でうまくいくかどうかわかりません。

 しばらくすると以前のように この前マザーを入れ替えた

ディスクトップマシンとの共存の方が良いとも考えるかもしれ

ません(基本的に小生 移り気です)

 

 とにかく 今までの蓄積が大きいな と改めて感じた1日で

した。

 

 

Dynabook R732/W3TF 型番:PR7323TFRBBW3  No525

 注文したパソコンの品番は 

  東芝 dynabook R732/W3TF 型番:PR7323TFRBBW3

である。

R73f

 ナゼかこだわりがあり SSD 256GBモデルにした。

プリインストールのソフト・リカバリー領域等があり 空きは

200GB以下であるが 今までよりはかなり大きい。

 ブルーレイは不要なので DVDモデルである。

 メモリーは8GBなのだが 付属機器のことを考えてOSを

32ビットで選んだので 4GBは不要である。

 おもなスペックは   bit.ly/QhA0Jv  で

 

 問題は Xpモードで 過去のソフトが旨く動くかどうかで

ある。

 業務で使用するのでこれが動いてくれないと。。。。。

 

 此処で一つ考えていることがある。

今まで仕事では 社内にいるときはデスクトップパソコンを

使用していた。

 出張等 出掛ける際には ノートパソコンに メールDATA

をコピーし その他のDATAもバックアップしていたのだが、

それは結構めんどくさいのだ。

 ずっとノートを使用する と言う手もこの際だから検討する

必要があるかも知れない。

  (これは会社の人間がやっていて 結構楽だそうである)

 しかし 外付けのディスプレイや他のものを考えるとそれも

また めんどくさい。

 小生 キーボードにはこだわりがあり キータッチの好みが

激しいので これも繋がなくてはならない・・・・・・・・・

 現在は FILCOのマジェスタッチ FKB108M/JBを愛用中

 うーーーーーん とうなってしまう。

 

   (と 書きながらこれを考えているときが一番楽しかったり

    して。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。)

さてどうしようかな、、、、、

                    又 報告します、

やはり限界かな?? 長い間ありがとう  更新  No524

 先般修理した 我がノートパソコン PC-MW70Jだが

その後SSDは快調なのだが やはりDVDドライブの調

子が悪い デバイスマネージャーを見ると PIOモード

になったままである。何度か削除したりしているのだが

どうも駄目なようである。

(CD-ROM としては通常に使えているのだが。。。)

 Main_00 20120907_201652

 何度かバラしたりして試みるのだが どうもダメみたいだ。

 

 此処はどうやら潮時のようである。

 出張時におかしくなって 使えなくなると大問題だ。特に

海外等の場合は。。。。。。。 

 総合的に判断して リプレースをやはり決意した。

 

 先般一度注文しキャンセルした R732を再びオーダー

することにした。SSDで256GBの物をチョイスした。

Black1

Black2 Black3

明日着くようなので 土曜日にでものんびりSET UPする

ことにしよう。

 

 一番の問題点は 果たして現在使用しているソフト等が

Xpモードで使用できるかどうかである。

 特殊なCADソフトを使用しているのだが その開発者に

聞くと

  それは 神のみぞ知る。。。。。。。。。。。。

との答えだった。

 小生が実験台になるしかなさそうである。

 しかしながらしばらくは 慣れの問題もあり 出張時のお供は

現状の MW70Jに御願いせざるを得ない。

 近い内に 交換である

 そこまで 壊れないでいることを祈るばかりである。

 

 今まで ありがとう そしてもうしばらくは頑張ってくださいね。

 

 近い内 が何時になるか??  こればかりは小生には分か

らない(野田首相にでも聞いてください)

ウルトラブック 守れるか国産牙城  No523

 最近テレビでよくやっているCMが

  http://www.youtube.com/watch?v=l02GFRfBmS0

インテルが提唱している軽量ノートパソコンのウルトラブック

である。(因みに ウルトラブック→ウル虎ブック と言うこと

でキャラクターが「虎」である)

 

インテルが提唱している ウルトラブックとは次の定義だ

 ・CPUは第2世代以降のCoreii シリーズプロセッサ搭載。

  •  ・高さは14型以上の場合は21mm以下、14型未満の場合
  •   は18mm以下。基本的に、ポータブル光学ドライブは別売

  •  ・バッテリー駆動時間は5時間以上。8時間以上が奨励
  •  ・入出力には Wi-Fi 機能のみが必須とされている。
  •   アイビー・ブリッジ世代以降は、これに加えてUSB 3.0へ
  •   の対応も必須とされる。
  •  ・ラピッド・スタート・テクノロジー等の搭載による、ハイバネ
  •   ーション状態からの7秒以内の復帰の実現。
  •  ・スマート・コネクト・テクノロジーの搭載(アイビー・ブリッジ
  •   世代以降搭載モデル)。
  •  電子情報技術産業協会(JEITA)が25日発表した8月の

    統計によると、国内のパソコン出荷台数が2カ月連続で前年

    同月を割り込む中、ウルトラブックを含む分野だけが伸びた。

    そうである。

     

    さてこの分野(ビジネスマンが持ち歩くと言う定義になろうか)

    では現状圧倒的にパナソニック レッツNOTEが強い。新幹線

    や航空機でパソコンを広げているのを見るとそのシェア50%

    は優に超えるのではないだろうか?

     やはりXpの時代からの堅固な作り等が評価されての物だと

    思う。

     此処に、ウルトラブックが挑んでいるのが国内の現状だが

    上記8月の売上げDATAでは国内4社のシェアが87%を占

    めたと言うのはうれしいニュースである。

    (レッツNOTEは厚みの点でウルトラブックには含まれない)

     

    劣化 旧式マシンを愛用する小生としても非常に興味がある

    分野である。

     国内4社の製品は これらである。

    シェア28%、NECの「ラヴィZ」シリーズ

    Laviezx180

      写真は (LaVie G タイプ Z)

      非常に軽く重量がわずか875gしかない超軽量マシン。

      実際に持ってみても、他のモバイルPCと明らかに重さが

      違うそうです。ただし、軽量であるために、バッテリ駆動時

      間が他社製品より短い。動画(解像度:720x480)再生で

      3時間44分、BBenchで5時間3分の駆動時間。LANポート、

      VGAポートが無く、WiMAXを内蔵していない

       

     シェア24% 富士通は「ライフブックUH」シリーズ」

    Uh75x180   

      写真はUH75/HN

      14.0型の大画面、大容量ディスク、軽量ボディ、さらに

      ポートリプリケーターにも対応し、メイン兼モバイルとし

      て使いやすいウルトラブックです。

       WiMAXも内蔵している点もメリットです

     

    22%の東芝 「ダイナブック Rシリーズ」

    R632x250  

      写真は R632

      約1.1kgと比較的軽量で、バッテリ駆動時間も比較的長い

      13.3型ウルトラブックです。

      LANやVGA、HDMIポートも搭載し、USBも3ポートある

      WiMAX・指紋認証・キーボードバックライトなども標準搭載

    13%のソニー、「バイオ」シリーズ

    Vaiot13x120   写真はTシリーズ13

       Tシリーズ13は、13.3型液晶を搭載し、 重量は約1.50 kg

        - 約1.60 kgです。

       Tシリーズ11は、11.6型液晶を搭載し、重量は約1.32 kg

        - 約1.42 kgです。

        少し重め 

        ウルトラブックはCPUやメモリが固定されている場合が

        多いですが、本機はかなりパーツ選択の幅が広くなって

        います。特にストレージは、512GBのSSDや、HDD+SSD

        (SRT対応)など多彩に選択できます。

      

     これらが主力モデルである。

    小生は やはり 東芝 ダイナブックRシリーズ(個人的にR732)

    が気になるのですが。。。。。

    素朴な疑問   順序が??  当たり前なの?  NO522

     小生 通常 0545に起きる ボーっとした頭でテレビを

    眺めながら 出社の準備をするのだが。。。。。。。。。

     

     昨日 目覚ましテレビをいつものように見ていたら 芸能

    ニュースのコーナーだった。

      「女優の 原沙知絵さんが 結婚した」

    と報じていた。

    Mainvisual  確か昔セキスイハイムのCMに出ていた。と

        今は 武井咲に取って代わられた。。。。。。。。。。。。

    なんて考えながらみ眺めているとニュースはこう続いた。

     「二人は半年前に出会い 半年の交際を経て今回入籍

      した模様です。」

    まあ 此処までは普通のニュースである。続いて

     「原さんは 妊娠はしておらず、今後も女優活動を続けて

      いく。との事です。」

    と締めくくった。

      

     「ン!!!!」

     
     そうすると 結婚した女性が妊娠していないことがニュース

    なの???????????????

       

     そんな倫理観はいつからなんだろう???

     

    しょうもない倫理観を振り回すつもりは毛頭無いのだが?

      

    今のマスコミの報道等では 妊娠していないことがニュース

    になるのだろうか?

     (確かに、先般 所属事務所の反対を押し切って 妊娠・

      入籍が発表され 男性側が仕事を干されている と言う

      状況もあるのであろうが。。。。。。。。。。。。。。。。。。。)

      

     適齢になれば男女は結婚し 子供を授かるのは大変喜ば

    しい事である。ましてや少子化が叫ばれている昨今である。

    産めよ増やせよの時代ではないが 一人の女性は最低でも

    二人の子供を産む必要がある と小生は漠然と考えている

    のだが、上記のニュースは全く別のものであるように思う。

      

     確かに フランスではその辺りの倫理観を見直し未婚であ

    ろうが 何であろうが子供を産むことは良しとしている様で、

    法律的にはかなりの数の未婚の母が存在している。

     その代わり 遙かに出生率が日本より高い。

      

     そう言うケースはある程度理解するのだが それを妊娠して

    いない事をニュースにして どないするねん!!!

     そんなことはどうでもいいんちゃいますかね??

      

     因みに(そう言えば 昔のセキスイハイCMの共演者は

    阿部ちゃんでしたよね) ネットのニュースでも 同様に書

    いてあった。

      

     何か おかしいと思いませんか??

      

     (原さん しょうもないネタにしてごめんなさい 元気な

     赤ちゃん産んで下さいね!!)

     

    記事検索
    リンクリックブログランキング
    楽天市場
    QRコード
    QRコード
    Amazonライブリンク