現在 10/5 正午 今日は夕刻からの 日本vsサモア戦に備えて6日公開のこの記事を先に書いておこうと・・・ その為 日本vsサモア戦については書くことが出来ないということで。。。

      PS:2019.10.6 07:14:36  日本勝利おめでとうございます。後 1勝 頑張れニッポン!!


すでに10月も 中旬に突入しようかというこの頃。昔は 関西では大きな台風は9月中と言うお決まりがあったようですが、それが人類の活動によるものかどうかは小生わかりませんが温暖化が進んでいる今日此頃 10月半ばでも関西に台風来襲ということが有るやも・・・・・

 来週の3連休は 鈴鹿 日本グランプリ決勝(13日) 運命のラグビーW杯日本VSスコットランド戦が予定されていますが 太平洋では不穏な動きがあるようで。

  

 最近 こやじがよく参照している台風の先行予報は

 

      気象予報士Kasayanのお天気放談


個人で書かれているサイトですが非常に詳しく専門的です。

そしてもう一つがビジュアル的にも面白い

 

      Windy

 

こいつはスマホ用にアプリも出ています。

それらの 先行きの予報で来週の3連休には 台風19号・・・20号の来襲が予測され始めました。

Kasyanさんのサイトでは 気象庁のGSMモデル  ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

そして アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル を比較していますが いずれも14日から15日にかけて 台風19号が西日本に接近するとの情報が・・・・

 (どうやら 13日はなんとか難を逃れそうですが・・・)


kasayanさんのサイトでも紹介している  気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト から

14日の予測を見てみると 14日12:00には 台風19号?の中心がどうやら紀伊半島に!!


FireShot Capture 133


これは・・・・・・・ 
同じKasayanさんのサイトではアメリカ・ヨーロッパの予測も載せていますがこれは 下段のWindyのサイトでビジュアル的に見たほうがわかりやすく(Windyではヨーロッパとアメリカのそれぞれの予測を切り替えられます)

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予測  14日19時

FireShot Capture 131

アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル  4日19時

FireShot Capture 132

いずれも 気象庁のモデルより 台風はより西側のコースで ヨーロッパ予測では九州方面に上陸

アメリカモデルでは 東シナ海ですが 20号が小笠原周辺に発生?? と いずれも日本にとってあまり良くない予測のようです。

 気象予測はかなり難しいようで 少しのパラメーターで大きく変化するので 1週間以上先のことははっきり言ってわからないそうですが 2019年入ってその予測精度はかなり上がってきているように思えます。特に侮れないのが 先行予報においてはヨーロッパの予測 小生の感じではかなり精度高いように感じられます。 (ということは 14日以降は九州地方は要注意??)

 

 備えあれば憂い無しの言葉とおり 各種予測を踏まえて来週後半は 台風の来襲に備える必要があるかもしれません。