愛用のR732を使い始めて 7年近い ノートPCの弱点とも言えるのがバッテリーの寿命であるが、小生の場合 一応予備のバッテリーを購入しており 数ヶ月ごとに 入れ替えて使用するようにしている。 (予備のものは 中古品を購入したもの)

元々のバッテリーの劣化度は 10%程度であるが 予備のものは 20%程度劣化している


その20%劣化しているバッテリーの昨日の状態がこれ


SnapCrab_NoName_2019-8-19_17-52-53_No-00


一応たまにはリフレッシュということで フル充電してから 放電しながらこの記事を書いているがすでに 1時間経過しているが 60%程度容量が残っているので 後1時間半程度は使用できそうで このバッテリーでもまだまだ使用できるように思える。


 上のBatteryBarの表示でも フル充電時の動作時間は2:39と表記されている。
電源オプションで CPUスピード等を少し落としてやれば もう少し持つ可能性が高い

   

 通常はバッテリー保護の東芝純正のプログラム 東芝バッテリーマネージャーを起動していて80%しか充電しないようにしている。それが長持ちの秘訣のようで 2つのバッテリーはそれぞれ3年以上フルに使用していることになるが それぞれ10%程度の劣化度で済んでいることになる。

 通常 ノートPCのバッテリーの寿命は2-3年と言われていたが 小生の感覚ではその倍程度は持つように思える。(まあ 使い方にもよるでしょうが)

 昨日 互換品や中古品をネットで物色したが 互換品の場合 初期容量が5200mWhと表記されているものが多い 小生使用の純正品の容量は上記の写真で65664mWhと表示されていてそれが 現在20%劣化して フル容量が52177mWhなので これはいま新品で買える互換品と同容量と言うことになるのだろうか??(その辺りは知識不足でよくわからない)

 互換品の価格は 2300-3000円程度であった

 純正品の中古品では 劣化度が10%以下のものでも3千円程度で販売されているのでそれを購入する手もあるかも。


まあ バッテリー駆動で2時間以上使用できるのであれば 小生の使用状況ではなんとかなりそうなので 今しばらくは この劣化度20%のものでも実使用には耐えると考えられる。

 しばらくは今のままで・・・・・・・・・・・・


ノートPCのバッテリー果たしてどこまで使えるのであろうか??