NTTドコモが6月に提供を開始する携帯電話の新料金プランを発表した。


Screenshot_2019-04-15 NTTドコモの新料金は月2980円から


  NTTドコモの新料金は月2980円から


昨年の菅官房長官発言による 「4割下げる」を実現したか如くの発表であるがその実をよく見てみると。。。。。。。。


小生の現状(ソフトバンクとの契約)と比較すると


  現状 スマ放題(2700円)+データ定額ミニ 2GB(3500円)=6200円


に対して(同容量・同通話を想定すると)


   ギガライト 1-3GB 3980円+かけ放題オプション(1700円)=5680円


となる 月額で520円安くなる計算だ。(520円しか安くならない当方が正しいのかも)


更に、端末代金を割り引く「月々サポート」「docomo with」は廃止されるという。そうなると実質的には値上げになるケースも有るように思えるのだが?


そこは新料金プランを発表した際に


  「端末購入補助は、独立で考える。全く補助がないと、お客さまがお求めにくくなるので、

  少しでもお求めやすくするアイデアを検討中」


と社長が言ったそうである。まあ 他社の動向を見てと言うところだろうか??





 

 さて 我が(と言うほどではなく小生が使用する)ソフトバンクは どう出るのであろうか???


テレビCM含めて感じているのだが どうもここ数年の動向として特にソフトバンクは大容量使用のユーザーには手厚い(割引率が高い)があまり通信しないユーザーにはその価格を下げないと言う傾向が有るように思えてならない。


 今回のNTTドコモのプランでも ギガライト7GBで5980円 ギガホ30GBで6980円と通信量の大きいユーザに対して通信量単価がかなり安く設定されているし、利用データ量が少ないプランの場合は、KDDIのプランと同水準だ。大容量プランでは1ギガバイトあたりの料金はソフトバンクのほうが安いくらいである。

 通信をあまりしないユーザーが損をしているような気がするのだが????


まあ 多量に買わないお客様 と言う感じなのかもしれないが?? そう言いながらCMでは大容量を使ってしまい 通信速度の制限を受ける「ギガ死」を自ら揶揄しているのであるから そこは一つ 大人の判断で 小容量プランでもお得感を出したプランを出してほしいところである。


因みに 私事であるが小生の契約では次回の料金プランの見直しは


  更新期間
    2020年5月1日~2020年7月31日

である ほぼ1年後東京オリンピックの前の時期である。その時までに きっと小生の欲するプランをソフトバンクさんが供給してくれるものを期待して待っていますから!!。

  (でないと 小生も格安SIMへの移行を。。。。。。。。。。。。。。。)