小生ごときが もし政治家をやっていれば。。。。。。。。。。。。。

まず 3日も持たないでしょうね。間違いなく。  いや 1日持たないのかも。。。


 民主主義の鉄則を守り 多数決で決めたのにもかかわらずそれを実行に移す段階で もめにもめているのが イギリス。第一 ブレクジットに賛成した人たちがそれに着手せずに放り出し それに反対した人が民意はそうだからと言って進めようとすると そのやり方に一々文句をつけられ 案が議会を通らない。結局 当初決めた実施時期を更に延長することが スッタモンダで決まった。

 

   英離脱は半年延期 EU首脳ら激論8時間超

 

元はといえば みんなで決めたことなのに・・・・・・・

すでにイギリスでは メイ首相の辞任時期・後任選びが始まっているとか???


   メイ英首相辞任へ「3つのシナリオ」


まあ 小生なら 「やってられん!!」と言ってすぐに投げ出すと思います。




そして 某五輪相の辞任騒動。小生も 9日に これは・・・・と思い思わずツイートしていましたが


結局 身内の政治パーティーでの発言が命取りに。。。。。

  

  政治家の「あきれた失言」が生まれる根本背景



Screenshot_2019-04-11 政治家の「あきれた

ただ ご自身の発言に一番碧々していたのは ご自身ではなかったのか?と小生は感じています。失言するたびにマスコミに叩かれ・野党に責められ 流石に継続してくメンタルを維持することが出来なくなってきていたのでは??

 辞任して ホッとしているのかも知れません。(上の写真の時の表情でそう感じました)

 

この人の数多くの失言 小生はそれらに悪意を感じません。果たして大臣としての資質があったのか??と問われれば 答えはネガティブですが 本当の意味での 「悪意」があったようには受け取れませんでした。

  (先に辞任した 某副大臣のほうが自己顕示欲故の発言で悪意があるとも

   のように聞こえたのですが。)


今回の命取りの発言にしても 記事では


  この発言が「復興を軽視している」ことは明らかであり、

  2月に競泳・池江璃花子選手の白血病公表を受けた「日本

  が本当に期待している選手なのでがっかりしている」と

  いう失言も含めて、桜田五輪相は人の痛みに鈍感なタイプ

  なのでしょう。


と書かれていますが 小生はそうには聞こえなかったです。あくまでも その席の主役であった人へのおべんちゃらのワンフレーズのように聞こえたのですが???

  (あくまで小生の個人的見解です 配慮が足りなかった と言うことは事実ですし

   ご当人もそれを理解しているからこそ 辞任されたのでしょう)


ただ、根はいい人のように思えるのです。

 (自身が被災地出身でありながら 震災当初は数ヶ月間実家に戻らずついには嫁までが愛想

  を尽かして出ていってしまわれた方が 野党再編を主張し今も暗躍しているようですが

  その人に比べればどれだけましか・・・・・・・)



もし 小生がそういう立場になれば 1日持たずに失言の山を築き 最も短命だった と言う記録を樹立していると思います。



 それにしても 野党の皆さんもそんな言葉狩りで 任命責任がどうだこうだと 言うのは止めたほうが良いのでは?? もっとまともな政策論争しましょうよ 課題は山積みではないですか???

辞任した大臣の復興軽視 よりも それを政争の具にするほうがもっと軽視につながるように思えるのですが。第一 野党第一党の党首さんは その当時の官房長官です、彼が当時発言していたことの多くは その後大きな嘘が含まれていたことが分って来ています、それでも小生は当時の彼が幾度となく記者会見をこなし発言し続けていたことは 否定しません たとえそれが嘘であったのだとしても その時は彼の言葉を信じるしか無かったし そういう発言の仕方をし続けてくれていたことで救われていたのは間違いありませから。

(その時 彼の発言を都度 言葉狩りしていたら日本は国家崩壊した様な気すらするのですが)

 

 マスコミも言葉狩りばかりしていたら そのうち足元をすくわれますぞ!!!

  (って すでにすくわれまくっているような?????)