小生が前回 東京方面に出張したときは 9/3-4の予定であった。


台風21号の接近により急遽帰阪することになり 3日夜には大阪に戻っていた。


そして生まれて初めて 「風が怖いもの」というあの恐怖を味わったのである。


小生の周りでは この話は結構リアリティがある みんな口をそろえて言うのは

  「台風をなめていた」

というセリフになる。やはりあの風の凄まじさは実際に体験しないとわからないのかもしれない。


今では小生の勤務先含めて 屋根に応急処置のブルーシートがかぶったところが多い。それが大阪の実情なのであるが。。。。。。



先週の金曜日段階では 台風24号台湾から中国大陸方面に向かうとの予測が主流であった。

また、9月7日に左眼の手術を行ったため このところ営業に行けていないという理由もあり 台風は大丈夫であろうと来週の火曜日ー木曜日(10/2-3)の予定で東京への出張を手配したのであるが。

  

 昨日(25日)午前3時の予測では 台風24号の進路はこうなっていた


Screenshot_2018-09-25-3


先週末と変わらず概ね東シナ海方面への進路が主流にように見える。

しかし それが6時間後には こう変化している。


Screenshot_2018-09-25-9


 むむむ なんか嫌な感じである。下手すると再び大阪?????

そして 20時には

Screenshot_2018-09-25-20


 小生がチケットを手配したからこうなったのでは??とさえ思えてくる。


 現時点では台風は 26-27日にかけて今の場所で停滞するらしい、すでに影響が出ている地域の皆さんはその影響が長く続くことになるようで大変お気の毒に思う。






連休中に見ていたテレビで お天気キャスターが喋っていたが 気象予報士等がマスコミで予測を発表するときには 5日間の進路予測までなのだそうで それ以上の長期予測は公表できないらしい。巨大台風になるとその影響が大きいからというのも理由だそうだが こちらとしては非常に気になる。

正直なところ いま台風が再びやってくることだけは ご勘弁願いたいのである。

小生が 中学生の頃であったか 理科の時間で教わったのは 大阪に台風が来るのは9月で10月になると大丈夫 ということであったような記憶が。。。。40年以上前の更にそれ以前の統計的な話であったとは思うが 確かに10月に大阪に来た台風は無いようにも思えるのだが。。。

とにかく


   神様 どうか台風24号が来ませんように!!

 

と祈ることしか出来ない こやじである。


 お願い 来ないで!!!