交通費なのか 送料なのか それが問題 のりの佃煮 No2850

 最近 食事時にハマっているのが のりの佃煮。元々好きではあったが、先般愛する奥様が最寄りの百貨店で少し高価なものを買ってきてくれたのが 非常に小生気に入っている。

 それがこれ


20150901160505


一般にスーパーなので市販されているものが300円程度であろうから 少し高価であるが その分というか 味が濃厚で美味しいのである。

 

先般ちょうど切らしていたので 日曜日の帰宅途中(浮世から現世への途中であったが)に百貨店に立ち寄り 1本購入した。 

 因みに 百貨店価格なのだろうか 580円であった。

 

ふと考えたのだが、百貨店に出かける用事がないときにこいつが欲しくなった場合 往復の交通費が当然加算される、小生の場合百貨店までの交通費は片道300円なので往復で600円となる.。

 そこで ネットで調べてみた。

 


Screenshot_2019-02-11 のり佃煮140g


製造元である 業者もHPを開設していてそこからも通販で購入できる。 その場合送料は1123円(大阪へ送る場合)である。 

     横田屋本店 ネットショップ


 通販サイト ヤフーショッピングにせよ 楽天にせよ だがでは同じものの送料が864円であった。(因みに アマゾンでは送料は864円であるが 本体価格が600円と百貨店価格よりも更に割高であった)



Screenshot_2019-02-11 のり佃煮 【横田屋本店】 (140g)



 非常に微妙な価格差である。600円で百貨店に行くか 864円で通販で購入するか?通販サイトの場合更にポイントが付くので 少しその分価格・送料が実質安くなる事も考慮せねばなるまい。

 更に小生の場合 百貨店までは1路線で行けるので往復600円の交通費は案外安い設定になるような気がする 因みに小生最寄りの駅から4つばかりターミナルから遠い最初の急行停車駅からなら片道400円なので往復すると800円である。


 こうなると確実にその商品だけを購入するためだけに電車の乗る人はいないのでは無いか?





う~~~んと悩んでしまう。小生の愛する奥様の場合は百貨店でショッピング(それが購入しようがしなかろうが関係なく)することが 楽しみであり レジャーにはなっているのは確かだが 事 「消費」をするための動向とすれば その回数が減っても消費そのものには影響しない。


 ということは 景気動向を見るのに百貨店の売上高変異とか 鉄道各社の旅客数動向だけでは実際の消費を的確に表していることにはならない。確実に 送料と交通費はバーターされている。

そこは十分気をつける必要がありそうだ。まあ そんなことは今日の話には関係ないのであるが。

 

さて 小生は未だに悩んでいる。大体今のペースでは 上記「のりの佃煮」140gを1ヶ月程度(早ければ2週間程度)た空にしている、賞味期限が8ヶ月程度有るのでその半分としても4ヶ月で5-6本は消費するであろう その間 愛する奥様の百貨店に行くという口実も含めて委託するほうが、良いのか それとも通販でまとめて購入して送料-交通費を節約するほうが良いのか??


 実に 複雑な問題で しばらく頭を悩ましそうである。

スポンサードリンク

ある意味最強の親子では??  No2849

昨夜 現世に戻りましたが 浮世での出来事で 一つどうしても書きたいご報告が。。。

 

 それはまだ浮世での朝食時から小生夫婦との接点が生じていました。


朝食はいわゆるバイキングスタイル 小生夫婦は窓際の席を陣取り 貧乏人のバイキング皿そのものの食べ切れるのか?と思わんばかりに各種メニューをトレイに並べたものを食しておりました。ちょうど小生から見ると愛する奥様の向こう側に 見たところ小生より少し若いかなと思われるおじさんが座って 隣の小さな体の人に何やら説教を始めています。ちょうど愛する奥様の影になっている人に喋っている様子から 父親が子供に説教しているのだと感じておりました。その声は次第に大きくなり内容まで伝わってきます。

 「どの口が言うてんねん!」

と 結構強い説教やなとはその時感じたのですが。。。

 その後 その小さな体の人が別の料理を取りにでしょう 立ち上がりました。なんと それは齢い75歳ほどに見受けられる おばあさんでありました。

はい!! 小生唖然としました。 どうやら息子がおばあさんに 「どの口が言うてんねん!」 と言っていた様です。

 おばさんが更に食材を取り戻ってくると

そんなんして こぼしたらどうすんねん!!」

とこれまた ボロクソであります。

 内心 少しきついな!!とは思いながら 小生たちの食事も終わり 先に席を立ったのであります。

 

 その後宿を出るために 会計に並ぼうとすると 先程のおじさんが小生たちの前にいるではありませんか??

 「不思議な縁やな!!」

と思いながら 小生も会計を済ませ バスで駅に向かおうとしたのですが そのバスにもその親子が乗ろうとしているではありませんか? しかも その時理解したのですがこの親子 50歳過ぎのに見受けられるおじさんと 75歳程のおばあさんだけのペアであります。

 (他に 同行している人がいるのであろうと思っていたのですが そうでは無かったのです)

一体どういう関係なのだろうか??と考えると どうしても息子がおばあさんを連れて温泉に行っているとしか考えられません???????あの口うるさい息子が母親を連れて温泉旅行???

バスがやってきました ちょうどその親子は小生たちの前でバスに乗り込みます。息子が先に二人掛けの窓際に座り 母親が野の隣に座ろうとしたとき 母親の腰バックが椅子につかえてもたつくと 

 「何をもたついているんや 後ろの人に迷惑やろ 前に荷物を回しとかんか!!」

との罵声が。。。何か こちらが申し訳ないと小さくなります。





 

駅につき 小生たちは別の観光スポット行きのバス停に並びました。その親子は どこかへ消えて行きました。

  愛する奥様と 「あの親子 すごかったね・・・・・・・」と話をしておりました。

 

小生たちは 現地で7箇所あると言われる名所巡りを端折って 2-3箇所行くつもりで路線バスでの移動です。

 最初の目的地に着き その観光スポットを 上から見える2階の部分から見ておりましたが ふとましたを見ると ナナナなんと  あの親子がいるではありませんか???

 どうやら同じような観光を行っているようです。・・・・・・路線バスに乗っていなかったけどどんな手段でここに来たのだろうか????疑問は尽きません。

 

 まあ これもなにかの縁でしたね  と次の目的地にに再び路線バスで移動。つぎのスポットではちょうど自然発生するイベントが終了した直後で 次のイベントは40分程度待たないといけないとのこと 愛する奥様とさっきの親子は****と話をしておりました。


 そうこうしているうちに 次のイベントが近づいてきたのでしょう 急に人が増えだしました どうやら7箇所巡りのツアーバスの御一行のようです。

 と そこに あの親子の姿が!!!!!!!!!!

 

IMG_4746
思わず写真を撮ってしまいました!!


 息子さんが75歳を過ぎた母親を観光に連れて行く そこだけ書くとなんと素晴らしい出来事なのですが 息子さんが母親に発するその言葉が・・・・・・・・・・

 

その後 小生たちは駅向かう路線バスのバス停でバスを待っていました。向正面には7箇所巡りのツアーバスが停車中 と そこにあの母親が戻ってくるではありませんか!!

 なんと ちゃんとツアーバスでの観光を行っていたようです。

 不思議な縁があるもので 小生たちの乗るバスは定刻より3分ほど遅れてやってきたのですが、本来の定刻を1分ばかり過ぎた頃 あの息子さんもバスに戻ってきました。自身のスマホをバスガイドさんに渡し バスの前で一人で記念撮影を。。。。(バスが定刻に来ていればその姿を見ることは出来なかった筈です)

 どうも息子さんが そういう旅が好きみたい と小生には感じられたのですが。。。。。。


 口はうるさいが 母親を一緒に連れて行く 実は優しい息子。。。。。。。?

 だから ボロクソに言われても「うるさい」とは言うが黙って付いて行く母親・・・・・・?

 

 なんとも 最強の親子を見た気がして  愛する奥様と 帰阪の途中 どこかにあの親子がいるのでは?? とキョロキョロしながらの 道中でありました。

 今考えると 言葉使いから言うと 関西系??????????またどこかで会えるのかも?

スポンサードリンク

カーモンベイビー U・S・A   No2848

そこには 大変深い人には言えない大人の事情が・・・・・・・・


ということで 愛する奥様と 昨年の大ヒット曲でもある ダ・パンプの曲に相乗りし


 USA 


を経由して とある観光地に。。。。。。


大阪を出たのは おなじみのLCC


IMG_4717


とある有名繁華街も経由した


IMG_4720


USAにを経由した列車は


IMG_4729 


紛れもない USAである


IMG_4728


宿につき


IMG_4732


一風呂浴びてからの 夜の宴は 獺祭とともに。。。。。


IMG_4737


日本酒にはやはり お刺身が。。。


IMG_4738


 ということで 探さないでください。


 

本日字数少なくて。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日中には現世に戻りますので しばし 愛する奥様と浮世にいさせてください。

スポンサードリンク

記事検索
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
リンクリックブログランキング