このエントリーをはてなブックマークに追加

     肘頭滑液包炎によりMRIを受けなければならなくなった小生であるが、改めてその原因を考えてみたがやはり思い当たるフシがない。。。。

    ただ一つだけ思い出したことが有る。

     

     小生、自身が書く「字」がとてつもなく下手で 自身で書いた文字が読めないことが有るので小生界隈では有名である。

     それを救ってくれたのが文明の利器であるPCである事は間違いなく その入力ツールであるキーボード及びマウスは非常に大事である。かねてからキーボードには、こだわりがあることを何度か書いているし マウスももう5年前になるが あべのハルカスから飛び降りる気で購入した


      GDD値  闘いの結果   MX Anywhere 2 MX1500 No1830


    MX1500という高級マウスを愛用していた。

    FireShot Capture 916

    ただ 丁度使用開始から4年ほど経った昨年4月にふとバッテリーの寿命等が気になりだし 同じロジクールの有線マウスM500tを購入している。
    FireShot Capture 919

    思惑は併用(出先等ではMX1500を社内ではM500tを)することであったのだが、皆様ご承知の通り昨年春からは新型コロナの影響もあり 全くと言っていいほど外出することがなくなり、殆どの時間を社内で過ごしていてこの半年は充電がめんどくさいということも有りM500tばかりを使用していた。

     

     ひょっとして小生の肘に このM500tが有っていないのでは??

    何もM500tが悪いと言うつもりは毛頭なく ただ小生の肘にその形状そしてケーブルの制約が某の負担をかけているのでは??と言う心配である。


    そんな事を考え始めたのである。

    MX1500はそれ以前4年はずっと使用していたのであるが肘にそんな症状が出た覚えがない、M500tに変えてから数ヶ月でその症状が出始めたのではと考えれば一応辻褄は合う・・・・・・


     しかしそんなことが・・・・・・・・・


     まあ考えても仕方がないので しばらくはM500tを休ませ MX1500にご活躍頂くように昨日午後から切り替えてみた。


     確かにM500tは有線マウスなのでその操作時にどうしてもケーブルを意識せざるを得ないのに対してMX1500は無線なので全くそれを気にする必要はないようだ、その意識が肘に負担をかけていたのでは?????


     ただし有線接続されていない以上、電源には限りが有る。何日かおきに充電する必要があることは確かだ。


     無線マウス・有線マウスは人の好みにもよるだろうが一長一短が有ることは確かだ。


    しばらくは 無線マウスMX1500を愛用し肘に負担が出るかどうか??見てみようと今更ながら思うこやじである。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     昨日紹介を受けた病院で診察を受けたのだが、やはり詳細は精密な検査してみないとわからないとの事。

     で MRIを受けろとの話なのだが・・・・・・


    以前書いたように小生 自身の不注意により右手首を骨折し

    image

    ショッカーによる人間改造呪術を受け 改造人間に。。。・・・・


    いや違った  健全な病院で手術を受け右手首には金属プレートが入ったままの生活を送っているのだが


        小生 航空機搭乗前の金属探知機でアラームの鳴る体に?  No2065


     右手に金属が入ったままというのが MRI=磁気共鳴画像 検査に置いて厄介なのだ。

    MRIの説明には


     強い磁石と電磁波を使って体内の状態を断面像として描写する検査です。

     特に脳や脊椎,四肢,子宮・卵巣・前立腺といった骨盤内の病変に関して

     優れた検出能力を持っています。


    とあるのだが 金属が有るとその画像にノイズ等発生させたり ゆがませたりさせるそうだ。


    で 本日の診察その後に戻るのだが 医療事務の方から

     「では MRI検査を予約しましたで 2/26日
      夕刻に検査受けに来てください」


    と言われ 案外早く検査できるのだなと思いながら


     「あの~ 右手首に金属プレートが入ったままなのですが??」


    と話すと

     「う~~~ん しばらくお待ち下さい」


    と医療事務の方は診察室に戻ってしまった。

    暫く待つ事 10分ほど

     「先生に確認したところ 一応対応する機械でのMRI
      に予約変更したので少し先ですが 3/9の朝一番で
      の検査になります。」


    ということに。。。


     少しNETで調べてみると 磁気力の少し弱い機械のほうが金属プレートが体内に入っている場合安全らしいとの記述があったので そちらの機械で検査するのだろうか?(受診した病院にに 3.0テスラ 1.5テスラ のMRIがあるらしい)

    それとも何らの対応機能を持つ設備での検査なのだろうか??


    とにかく 小生初MRI受診 ということになりそうである。

    kenkoushindan_mri_man

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    初回の記事が 2020.11.22

       痛たたたったたたた  肘頭滑液包炎 No3493


    2度めが  2020.12.23


       前回5cc 今回15ccって 肘頭滑液包炎 No3523


    3度めは 記事には書かなかったが 2021.1.22であった。


    そして 4度目が 先週金曜日 2021.2.19である。


    右肘にどうも水が貯まる、肘頭滑液包炎 なのだが 1度目は少し痛みもあり抜いた液の量もわずか5CC程度だったが 以降1ヶ月毎に痛みもほぼ無いにもかかわらず ほぼ15-20ccの滑液が注射器で取り出せている。

    e047d161

    かかりつけの外科の先生とは

     丁度給料日前になったら集金に来ているようだ

     これが滑液ではなく 金だったらどんだけ嬉しい


    とか 他人事のように話をしているのだが それも4回続けば 首を傾げるようになるのは仕方あるまい。 
     原因不明なのだから。

    ということで かかりつけ医の紹介状をもらい本日半休を取り 朝から整形外科の専門病院に行くことに。。。。


     結構時間がかかるのかな??と思いながらであるが。。。。


    かかりつけの先生曰く パソコン操作(キーボード打ちorマウス操作)が原因ではとも言われるが当人はさほど無理している感覚はまったくなく・・・・・・・・・


    愛する奥様は 一言 


     「歳やね!!」


    と片付けるに違いないが。。。


    重症でないことを祈るばかり。。。

    このページのトップヘ