都合の悪いことは指摘もせず報道もされない No2671

 8月10日には 報道されていたのだが 他の報道や対応が気になり少しまっていましたが案の定というか やっぱりと言うかあまりでてこないので。。。

  

 時事通信の記事

 

 厚生労働省は10日、年金特別会計の2017年度収支決算を発表した。時価ベースでの収支では、会社員らが加入する厚生年金が10兆4479億円の黒字、自営業者らが加入する国民年金が2729億円の黒字だった。


GPIFの17年度運用益(手数料などを除く)は10兆290億円で、前年度の7兆8925億円を上回った。内訳は厚生年金が9兆4398億円、国民年金が5892億円。世界的な景気拡大により、17年4~12月期に国内外で株価が上昇し、運用益を伸ばしている 2年連続の黒字である。

 

Screenshot_2018-08-16 厚生、国民年金ともに黒字
 

  

 小生が気に入らないのは 2年前これらが赤字だった時のマスコミ報道と野党の対応である。

確かに 時の権力をチェックする役目をマスコミは持っているのだと思う。しかし 事実は事実として報道することは当然であるのだが 赤字の際は各新聞含めて その運用方法や年金から株式への投資そのものへの疑問等をあれほどマスコミは報道していたのに、黒字が出ると全くそれに触れないというのは どういうことであろうか?

 






マスコミだけではなく 野党も??である。

今回は共産党を取り上げたいが 2年前の赤字の際は こう報道していた。(発表時期が同じなので ちょうど2年前の記事になる)

  

Screenshot_2018-08-16 厚生・国民年金が赤字
 

これが2年後 ほぼ黒字が確定していたのであろう。発表前に黒赤には触れず 株式市場に投入されている額を記事にして その損益を全く書いていない。

 

Screenshot_2018-08-16 公的マネー投入
  

 

確かに、年金等の公的資金(その額は膨大だが)を株式市場等で運用するのはリスクも高く議論スべき内容は沢山あろう・また その運用方法についても今が正しいのかどうかチェックしていく必要があり 黒字であろうと赤字であろうとその問題の本質は変わらないはずである。 赤字だけを問題にするのではなく そういう本質的な問題を指摘していかないことには 最終的には年金受給者に不利になっていく。 それを理解しないのであろうか??

 

 これでは議論が一貫していないと言われても仕方がない。

 

 結局 マスコミも野党も政権を揺さぶる手段としては GPIFの運用を議論するがそうでなければどうでもいいと言うスタイルでは 本当の年金問題を指摘したことにもならない ということすら理解できていないのであろう。

  

結局 駄目なマスコミ 駄目な野党では 国民が不幸になるばかりである。

スポンサードリンク

8月15日に思う  No2670

夏休みに帰阪していた愚息が15日朝7時過ぎに 彼の愛車RX-8とともに帰っていった。愛する奥様と車を見送ったが 何故か少しさびしい感じがした。

 

前日 墓参りに行った後マッサージをごちそうになった。ありがたいことである。彼には 彼なりの悩み・葛藤がありそれらを沢山話しをしたかったのかもしれないが 小生昨夜夕食(愚息の好物 コロッケを愛する奥様が多量の作成していた)後小生食べ過ぎで トイレに籠る時間が長く 十分時間が取れなかったかもしれない。そこはほ記事を借りてお詫び申し上げたい。

 

 様々な悩みはあろうが それらを乗り越えて活躍してくれることを願う

 

そんな事を書いていたら ふとそのフレーズどこかで聞いたような。。。。。。。。。。。

 

 

 

そう 昨日8月15日は 73年前正午からの玉音放送があった日である。かなり硬く 難解な漢語 作成された文章で その放送時 意味を理解した国民は少なかったという説もあるが ポツダム宣言を受諾したことを国民に告知することから始まる放送である。

 その原文に近いものは 以下のサイトがわかりやすい

 

   終戦の詔書

   玉音放送を現代語にすると...



朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を表せざるを得ず。
帝国臣民にして、戦陣に死し、職域に殉し、非命に斃れたる者、及其の遺族に想を致せば、五内為に裂く。
且、戦傷を負い、災禍を蒙り、家業を失いたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念する所なり。
惟うに、今後帝国の受くべき苦難は固より尋常にあらず。
爾 臣民の衷情も、朕善く之を知る。
然れども、朕は時運の趨く所、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、以て万世の為に太平を開かむと欲す。


私は、アジアの解放のため日本に協力した友好諸国に対し、遺憾の意を表明せざるをえない。日本臣民も、戦死したり、職場で殉職したり、不幸な運命で命を落とした人、またその遺族のことを考えると、悲しみで身も心も引き裂かれる思いだ。また、戦争で傷を負い、戦禍を被り、家や仕事を失った者の生活も、とても心を痛めている。これから日本はとてつもない苦難を受けるだろう。臣民みなの気持ちも、私はよくわかっている。けれども私は、時の運命に導かれるまま、耐え難いことにも耐え、我慢ならないことも我慢して、未来のために平和を実現するため、道を開いていきたい。

 



 その背景等は全く異なるのだが 小生が愚息に送りたいメッセージは 少し 終戦の詔書 の第3段落に似ているのではないだろうか? そんな事を考えてしまった。

先の大戦に対して なぜ戦争に突入しなければならなかったのか?? については様々な意見もあろう 決して 戦争という手段を取ってはならないことも当然である。しかし 戦争を終結させる為にはどうすればいいのか?ということを考えた場合 時の天皇の気持ちは純粋にそういう思いを持っていたのでは??

 (時に 当時の昭和天皇は44歳であり 今の小生より13歳も若い。)

 

純粋に この 終戦の詔書 を読み返してみるのも悪くはないのでは?


 

 朝から そんな事を考えながらぼーっとPCの前に座っている間も 愛する奥様は洗濯・掃除を行い忙しそうである。小生家事はほとんど手伝わない駄目夫であることを再び思い知らされる。あとで珍しくも 肩で揉もうか?? なんて言ったら 

 

 「ついに発狂したか!!」

 

と思われるかもしれない。それでも今日は そんな気分かな????


 そんな 8月15日 間もなく 正午である。(73年前に 黙祷)

スポンサードリンク

続 お盆休みですから  No2669

このところ夏休みにかこつけて飲んでばかりいる駄目な野郎という感が(まさにソノ通りなので)あるが、連日の猛暑による夏バテによりまともな思考が働いていないのかもしれない。

  

 そう言えば 富田林警察からの逃走犯が未だ逮捕されておらず(この記事は8月14日17:00に書いている)小生の家から見える 最寄り駅にも大阪府警の移動用バスが何度も出入りし物々しい雰囲気だ。

IMG_4118

どうやら逃走している犯人は小生自宅付近の土地勘が有るようで 早く確保されてほしいと望むばかりなのだが。


 

 

本日 8月15日 いわゆるお盆である。このお盆という風習 実は誠におかしな風習でその起原含め謎が多い。ウィペディアでは

 

 お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われた。現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多い。

仏教用語の「盂蘭盆会」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。盆とは文字どおり、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。現在でも精霊をボンサマと呼ぶ地域がある。

中華文化では道教を中心として旧暦の七月を「鬼月」とする慣習がある。旧暦の七月朔日に地獄の蓋が開き、七月十五日の中元節には地獄の蓋が閉じるという考え方は道教の影響を受けていると考えられる。台湾や香港、華南を中心に現在でも中元節は先祖崇拝の行事として盛大に祝われている。

盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて正月の祭となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。日本では8世紀ごろには、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられている。 

 

と説明されている。結局は起原は明確ではないということであろう。また関連して 迎え火・送り火・盆踊りなどの風習もあり 今年はその開催でもめている徳島の阿波おどりもその一連に含まれるのかも。

 

 亡き 三宅久之さんは 座右の銘として  「愛妻・納税・墓参り」を上げていて ご三男が継承されているブログもその名称である。

 

  愛妻・納税・墓参り 家族から見た三宅久之回想録

 

小生も座右の銘ではないがその考え方は ほぼそれに準じていると??? としていてお盆の風習の一環としても夏休み中の墓参りは ウーーーーンここ数年は。。。。

  

  

  

今年は その反省もあり昨日も愛妻の亡き父母のお墓参りに昨日愚息と行ってきた。

IMG_4110

 それにしても猛暑で 墓参りの中 線香に火をつけようと手こずっていると額から滝のような汗が。。。

  

 汗を拭い 手を合わせて 在りし日の姿を偲んで 僅かでは有るが心の中を「空」にすることができたような??

 

 こういうひとときも 重要だな! と妙に感じ入る 暑さに弱い こやじである。

スポンサードリンク

記事検索
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード