このエントリーをはてなブックマークに追加

     スペイン風邪の大流行以来 というか 人々が世界を自由に行き来するようになって人類が初めて遭遇したパンデミック 新型コロナ(COVID-19)。

     経済的な打撃が数字になって証明されつつある。感染防止のための処置が 経済という血流を止めるという結果に。

    アメリカ

      米GDP、過去最大の減少 市場はどうみる


    FireShot Capture 270


    米商務省が30日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、前期比年率換算で32.9%減だった。

    EU

      ユーロ圏GDP前期比12%減 年率では40%減

    FireShot Capture 273


    欧州連合(EU)統計局が31日発表した2020年4~6月期のユーロ圏の域内総生産(GDP)速報値は物価変動を除いた実質で前期比12.1%減った。年率換算では40.3%減

    日本

      20年度の実質成長率はマイナス7.1%

    FireShot Capture 279 -

    20年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比7.4%減(年率換算で26.4%減)となる見通し



    散々たる状況である。これほどの数字は 世界大戦が起こっているに等しい。


    あの有料鉄道会社の JR東海ですら

      JR東海、初の営業赤字 新幹線利用84%減 4~6月

    FireShot Capture 276 -

    2020年4~6月期の連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が836億円の赤字


     つい先日 会社の御大が 東京を往復したのだが 行きも帰りもガラガラ状態であったそうだ。


    それ以前に発表されている ANA JALという航空会社の成績も同様で 売上対前年同期比で60%減なら マシな方という状況なのだ。



    確かに 日本ではPCR検査の陽性者が増え続けていてマスコミ報道はそれ一色だが 実際にはそれ以上に経済の疲弊が日本のみならず世界中で進行しているのだ。


     この苦境から脱出できるのか???


     日本の そして世界の 暑い8月が今日から始まる。


    人類に 未来があること 日本に光明が差すこと それを期待するばかりである。


     小生的には 感染には十分注意をはらいながら 経済活動を再開するしか手立てはないと考えているが そうではないと言う人も多かろう。非常に難しい問題である。

     恐らく その難問に今すぐ答えを出せる人は いないように思える。

     (ある意味 ブラジルの大統領は すごい と今更ながら思う

      もう少し品が良ければ良いのだが)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨日朝 びっくり仰天した人も多かったかもしれない。

       30日午前9時36分、東京都心から500キロ以上南にある鳥島の近海を

       震源とする地震があり、気象庁は同38分、関東甲信や東海、東北の

       一部の広い範囲を対象に緊急地震速報を発表


    大勢の人の スマホが鳴り続けたと思う!!。

     (小生のも 地域指定で東京を入れているので いやーな音を鳴らした)


    しかし ほとんどの人は揺れを感じなかったようだ。


       緊急地震速報は「誤報」だった 気象庁が会見でおわび


    見出しは 「誤報」となっているが 現在のシステム上「誤報」とは言えない気がする。

    実は 今回よりもひどい地震としての速報が 4年前 奇しくもほとんど同じ時期である2016年8月1日 17:09に 出ている。

     (今回でも それについてツイートしている人も多かった)

    その時の記事である。

      肝を冷やしたレベルじゃない  ビックりっぎょうてん  No1929


    その時の小生のスマホでは 


      「東京湾で最大震度7 85秒後」


    の表示が出ていた記憶が。

    その時の スマホ速報画面がこれ


    image2016
    image2016-2



    その時も結局揺れなかったのだが 実は今回もその原因は同じ物だ。

    緊急地震速報のシステムはかなり高度な地震波形の観測 数カ所の測定点の際などから地震の規模 震源地を割り出しスマホ・放送業者・鉄道事業者等に一斉通知を行うシステムで まだまだ開発途上である。その為 ある種の波形を同時に2箇所以上受信するとあたかも大きな地震が来るような形で作動することが有る。


    前回も今回も ほぼ同時に2箇所で小さな地震があったようで システムがそれを1つの地震とご認識したため大きな地震としての速報を出しているようだ。


    上記記事で 小生はこう書いている


      これを完全に防ぐのは難しいだろう。 肝心の地震が来た場合に逆に

      通知が出来なくなる可能性が高くなるような気がする。

      その意味では今後も何度か誤報が来ることは覚悟していた方が

      よさそうである。


    2016年から4年間あって システムの改善も進んでいるのだろうが 基本的な部分は同じ形であろうから 
    こればかりは「誤報」と報道することが誤報では無いのか?と思う。


    報道機関もそれ

      そういう欠陥があっても その速報システムそのものは
      非常に有意義であるという事実
      情報を精査する前に速報を出さないと間に合わない。

    ということを正確に伝えることを心がけてほしいのだが??

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     昨夕の 小生のつぶやき




    毎日新規感染者** のニュースが並ぶが 陽性者の数だけを並べ立てることにどれほどの意味があるのだろうか???

     

     4-6月の第1四半期の決算や 2021年3月期決算見込みがぼつぼつ出始めているがとんでもない数字が並ぶ

      4-6月  JAL 対前年同期比売上 8割減

      4-6月  ANA 対前年同期比売上 75.5%減

      2021年3月期決算見通し  日産  6700億円の赤字

      2021年3月期決算見通し 三越伊勢丹HD 600億円の赤字


    そして 極めつけは これかもしれない


       20年度成長率、マイナス4%台半ば 政府見通し


    FireShot Capture 265


    このままでは 多くの企業が干上がってしまう。

    確かに 感染者が減らない状況でのGOTOトラベルキャンペーンは大きな問題を抱えていることは確かであるが そうしないことには 少なくとも観光地と呼ばれる地域の それに携わる人々はもはや息の根が止まる状態であることも確かだ。

     テレビのワイドショーでコメントだけを言えば 後は知らん顔の自称専門家・コメンテーターさんたちが 干上がった観光地に観光客を誘致してくれることなどありえない。

     

     いい加減にワイドショーも 
          そう言うことに気がつけよ!!

     と思うのだが。。。。


    年間マイナス4%の成長率・・・・・・・・・・   
    それは真恐ろしい数字だが。。。。


    その事に ワイドショーはいつ気がつくのであろうか??

    このページのトップヘ