このエントリーをはてなブックマークに追加

     昨日 日曜日は先週に引き続き家に引きこもっていた。一度だけ数分間地上に降りたが あとは空中生活。

     本来であれば 極超豆台風1号の入学式なのだが縮小して行われて その後5月6日まで休校になったようだ。なんとも 言えない気分である。

     日々 新規感染者が増えているのでネットでも 「緊急事態宣言」を早く出せとの意見が多いが 学校の休校にしても 緊急事態でも それで影響を大きく受ける人もいれば あまり受けない人もいる それぞれの立場・環境等により異なるのであろうが、あまりその議論を続けていると人間関係そのものが破壊されていくような。。。


     確かに、報道されているように世界で沢山の人が死んでいくこの状況は見るに耐えられないのであるが 先般書いたように実は季節性インフルエンザで毎年同じ様に多数の人が死んでいることは 見てみないふりをしてきたのかもしれない。

     そろそろ マスコミも新規感染者を発表し続けるのは止めたほうがいいのかもしれない。

    元々 この冬の季節性インフルエンザでアメリカでは2600万人が感染し1万4千人が死ぬと報道されていた

      よく考えてみれば実に不思議だ 世界の感覚  No3222


    それと比較すると感染者数は今回の新型コロナウイルスのほうがまだ圧倒的に少ない、死亡者は今のペースで行くと1万4千人で収まらないとは思う、重要なのは如何にして死亡者を減らすかに この新型コロナ対策は目的が移って来ているはずだ。

    医療資源を最大限 重症者を減らすため 死亡者を減らすために使う目的に 無症状者 軽症者を入院状態から外すというのは 正しい選択であろう。アパホテルはじめホテル業界からそれらの軽症者等を受け入れるという名乗りはありがたいことである。

     (できれば それらのホテルへの誹謗嘲笑は 控えるべきである)

     

     とにかく 死亡者が一人でも減ることを祈るばかり・・・・・・・

     政権も どういう形で死亡者を減らすことができるか?を最大の目標にして それに必要であれば躊躇なく「非常事態宣言」を出すことは国民多くが受け入れるではあろう。


     (その後については 茨の道が待っていることは間違いない無いが ここまで世界が変動

      している以上 日本だけでどうにかなる問題でもあるまい)


    製造業従事者の小生とすれば 緊急事態宣言は務める会社の息を止めるかもしれないが、それも世界の大きな変動から見れば 無視できるレベルのものかも。。。。

     

     そんな事を思いながら、昨日は自宅でアンドロイドのスマホと格闘していた。


    30cbb50d-s


    やっぱり使い方がよくわからない。。。。8日以降にSIMが来るはずだが・・・・・

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨日(4/4)夕刻ニュース速報が

      「東京都で新規感染者110人以上!!」


    と 前日がその前日より少しだけ新規感染者が減っていたので小生的に(そしておそらく一般の国民の間でも)少し期待が有ったたのだが ついに3桁になってしまった・・・・・・・

     だんだん都市封鎖が迫ってくるような・・・・・・・

     



    そんな恐怖から逃れたいと。。。。少しは楽観的なDATAを   


    これは何も だから気を緩めていいという話ではありません。 みんな協力して感染拡大に努めれば なんとかなるのでは??とのお話です。

     

     昨日もニューヨーク州との比較をソフトバンクの孫正義氏がツイートしたことを話題にしたのだが 今日も同じ様にニューヨーク州との比較で.


    1週間ほど前 こんな記事が出ていた


      新型コロナ、いまの日本は「2週間前のニューヨーク」かもしれない


    FireShot Capture 041 -


    この著者の人は在米のジャーナリストなのだそうだが どうも小生には日本を否定的に捉えているような気がして あまり好きな人ではないのだが。。。  そんなことはさておいて

     3/25の時点での東京の感染者数は212人であったのだが それが3/11時点でのニューヨーク州と同じだというのだ。そして 


      
    ニューヨーク州はそれからわずか2週間で、その数が3万2000を超えた。


    と 日本に警鐘を鳴らしているのだが。。。。


    彼女の記事から 一週間が過ぎた。

    3/11-3/21までのニューヨークと3/25-4/4までの東京を比較してみよう

    (4/4の東京は 4/4 18:00現在の数字を入れている)

    なお、ニューヨーク州の感染者数は このサイトを参照しました。

     国別、地域別の感染者数や死亡者数の時系列での推移をグラフで確認できる「DashBoard(ダッシュボード)」の試作です:


    感染者数はその日付の累計数
       ニューヨーク         東京

      日付     感染者数      日付    感染者数

     3/11    220   3/25    212

     3/12    328   3/26    259

     3/13    421   3/27    299

     3/14    525   3/28    362

     3/15    729   3/29    430

     3/16    967   3/30    443

     3/17   1706   3/31    521

     3/18   2495   4/1     587

     3/19   5365   4/2     684

     3/20   8310   4/3     773

     3/21  11710   4/4     891  


    なんか 微妙・・・・・・・・

    今後3/16-17のニューヨークのようにいきなり倍増と言う可能性がないわけではないが。。。

    昨日も書いたが ニューヨークの最初の感染者は3/1 東京の最初の感染者は1/24である

    (あくまでも発見・発表ベースであるが)

    東京の感染者の増え方が どの国とも一致しないのが不思議でたまらない。

     
      


    もう一つ 不思議なことが


    アメリカでは

    PCR検査数が100万で陽性者が24万 死亡者が6千人 陽性率24% 陽性者の死亡率2.5%

    日本では検査数4万で陽性者が2617 死亡者が63  陽性率6.5%  陽性者の死亡率2.5%

    陽性者の死亡率が同じなのに検査陽性率が低いのはなぜ?


    ということ SNSにアップしたりしていたら こうご指導いただいた。

      単純に、検体を鼻から取るか口から取るかの違いでしょう。

      此れだけで感度が3割程度変わると言われております。

      日本は、口からで、アメリカなど陽性率の高い国は、ほぼ鼻からです。


    日本で検体を口から採取しているのは


           鼻からとると くしゃみするので危険だと言われてます


    とも そのためPCR検査の確度が低いと指摘されているとも教えていただきました。

    逆に  日本の検査方法では見逃し率がUPすることになるので要注意だそうです。

    (単純計算で3割の見逃しがあるとすると 3-4%に人が見逃されている?)


    ただ それにしても 検査陽性率の差が大きすぎるような気がして??

    感度が3割上がっても 検査陽性率は10%程度なのでアメリカの2.5分の一

    第一 日本のPCR検査は症状等が出ている・もしくは感染者と何らかの関係があった人しかしないはずなのに。???????????????


    そこに日本の感染者が爆発的に増えない理由があるようにも思えて。。。。。。

    やっぱり。。。。。。。。


     と 昨日はSNSでお勉強させていただいた土曜日でもありました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     新型コロナウイルスに関して 日本の感染者数や死亡者数について 非常に疑問に感じることがある。

     今日は そのうち3つの疑問

    その1、昨日 ソフトバンクの孫正義氏がこうつぶやいていた


    FireShot Capture 089



    ニューヨーク洲のクモオ知事は累計感染者数が89人だった3/7に非常事態宣言を出した、昨日(4/3)現在 東京の感染者数は773人である コレで非常事態宣言がでないのは???

    との疑問を提起したものだと思う。

    確かに マスコミ等でもネット上でもそういうことを主張する人は多いと思う。
    しかし このニューヨーク州の件 よく調べてみるとおかしなことの気がつく。


     ニューヨーク州で最初の感染者が発見されたのは3月1日である。それから7日後には89人になり 1ヶ月後の4月1日には83,712人になっている。

     さて 東京ではどうだろうか?

     東京の最初の感染者発見は1月24日である。それから2ヶ月以上経過した4月3日にその数はようやく773人に達している。 確かに 日本の検査数が少ないとの批判もあろう、だが死亡者は非常に少ない。
    仮に、もしニューヨーク州と同じペースで感染者が増えていれば既に東京では10万人を超える感染者がいるはずで 検査しなくてもそこら中に風邪の症状がでている人が見受けられるはずだが そんな状況にはなっていない。

     つまり 明らかに感染拡大の状況が異なるのである。そんな中で果たして経済的に打撃の大きな非常事態宣言を出して良いものかどうか??そこは慎重に判断する必要があるように思える。




     こう 返信したが 無論返答はなかった。


    その2 無症状感染者

     厚生労働省の発表によると昨日(4/3)12時の段階で国内での感染者は
    2617例である。

     

    FireShot Capture 091

     そのうち 有症者は1838で 無症状者が27 症状確認中が492になっている。

    実は 3月28日の発表以降全体の感染者の中で有症者の比率がどんどん下がっている。

      3月25日  90.8%

      3月26日  79.8%

      3月27日  75.8%

      3月28日  53.6%

      3月29日  52.1%

      3月30日  39.3%

      3月31日  52.9%

      4月1日   56.9%

      4月2日   49.8%

      4月3日   48.7%

    4月1日から1日あたりの感染者数は200名を超えているのだが 実は有症者はその半分程度なのである。感染確認中有が異様に多いのはどうしてだろうか??

    PCR検査数が増えてきているので陽性と判別した人の症状確認が間に合わないのだろうか?

    更に 無症状の人が全体の10%を超える形で存在しているのも実は気にかかる。

    中国のDATAは信頼できないが 先般発表された今まで感染者に含めていなかった無症状感染者の数は1300強である 8万人を超える感染者の中国で無症状者は1300人強。。。。

     PCR検査の数を誇る韓国はどうなっているのか調べたが 無症状者の数はわからなかった。


    世界の批判を受ける検査数の少ない日本であるから 世の中にはそれ以上の無症状者がたくさんいるはず(無症状の人が検査を受ける可能性は 陽性判定された感染者の濃厚接触者等のみであろう) とすると どうしてそんなに無症状者が多いのか????



    その3 症状確認中ってなんなの??

     同様に厚生労働省の発表で 症状確認中が492人 20%弱もいるのは如何なものか?

    そもそも 陽性判定が出るまである程度時間あるのであるから検査した人の状況はわかるはずなのでは?? 過去の発表を見てみると 3/19 や 3/22には確認中の人が減少しているので有症したもしくは無症状と判定された人がいたようだが この数日はそれが増えるばかり。

    昨日4/3の発表に至っては 


       有症者の前日からの増分   115人 

       無症状者の前日からの増分   15人

       症状確認中の前日からの増分 106人


    と有症者と同数近く。。。。。

     これは 統計的にもまずいのでは???

     それとも 新型コロナウイルスの症状ってそんなに判断できにくいものなのだろうか?

     

     何れにせよ日本の感染者の増え方は 明らかに欧米とは異なる なぜ2ヶ月以上も経過してこのレベルなのか??

    未だに検査を検査をと主張する自称専門家さんたちも もし日本が意図的に検査数を少なくしていると主張し欧米と比較するなら そこら中に感染者がいないことがなぜなのかきちんと説明すべきでは? あちこちで 葬式が行われないのはどうしてなのかを!!!

     




    小生的にはこれら3つを説明できる唯一のケースがやはり


      「BCGは新型コロナに効く」


    ということしか無いのだが???

     完全に防止することは不可能だがある程度は抑え込める。そしてその効果で季節性インフルエンザより少し怖い程度。。。であれば と期待を持つ こやじである。

    このページのトップヘ