このエントリーをはてなブックマークに追加

    4月2日に公開した

      AQUOS sense4 Android11にしてからどうも通知が? No3628


    の続編である。マクロドロイドで作ったレシピだが 当初7.5分で点灯する形にしていたが、その後10分にして様子を見ている。

    今の所は順調に通知も来ていて バッテリ-の消費量もさほど高くないようだ。


    順調に通知してくれるのでほとんどのアプリ(TwitterもLINEもOUTLOOKもその他も)電池最適化をONにしているが遅延等は今の所無い様だ


    昨日 充電二日後の夕刻で こんな状態


    174403


    (今までは 消費電力は 
       Google Play開発者サービス
     が1位だったことが多かったのだが 最近どう言うわけか
       ヤフーの防災速報
     が1位に来る どうもこいつのバッテリー消費が多いのが気になる)

     

    さて そんなこんなで通知関係をチェックしていて気がついたことがある。

    それは Twitterのプッシュ通知である。

     通常のフォローしている人の通知とダイレクトメッセージ(DM)


    で通知に違いがあるのだ。

    DMの場合はスマホが、スリーブしていようがほぼ遅延なく通知が来るのだがそれ以外の例えばフォローしている人のツイートの通知は スマホがスリーブ状態になると遅れてくるか、上記の点灯トリガーにより来る というパターンなのだ。


     試しに小生が別のアカウントからDMとツイートを飛ばした際(飛ばす際のDMとツイートのタイムラグは1秒程度であるはず)には こうなった。


    175716__

     上側が通常の通知 DMが2分前に到着している。

     下側は何でも土してくれるアプリPastNotifcationから引っ張ってきたもの

     正確な時間が表示されている。


    送信は 17:55:00を狙って行ったが

     DMは 11秒後

     ツイートは  2分待って到着 自身で点灯した2分4秒後

    に通知されている。


    どうしてこうなるのかいろいろ調べているのだが 現在のところ不明である。

    受信側の問題なのか 送信側(プッシュ通知する側)なのかも不明だが 別のアプリであるはずのTwitter Liteでも同じ挙動なので どうも受信側の問題では??とは考えているのだが。


    まあ バッテリーも2日は十分持つようだし

     AQUOS sense4 Android11

    今の所全般として快適である。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いくら 

      今の日本は ロックダウンを解除しつつあるイギリスよりマシ


    と小生ごときがつぶやいても


    過激な永江さんがこう書いても

      大阪の第4波は収束基調かな。東京の第4波はどうなるかな。


    マスコミの論調が変わらなければ このどんより重い空気は変わらないのだろうと思う

      日医会長、早期の緊急宣言必要 


    政治的な思惑もあってオリンピックは行うのかもしれないが それが我々にとって面白いのか?感動できるのか?

    小生が望むのは


     たまに居酒屋に飲みに行って友人その他の人たちと大いに盛り上がる

     年に3度の長期休暇時のいずれかに
         極超豆台風1号2号が我が家にやってきて大騒動


    ぐらいのことなのだが、それすらままならない。


    新型コロナウイルス騒動以来 感染拡大期と年に3度の長期休暇時が重なったことも有り、GWも夏休みもそして今年の正月休みも ある意味寂しいそれであった。

    昨年も今年も花見はできなかった。


    全く暗いことばっかりである。


    本当にそれすら許されないのだろうか??

    そこまで日本人は我慢できるのであろうか??


    諸外国と比較して 日本の感染状況そのものはさほど悪くないのだが マインドとしてはかなり悪いように感じる。

     一つは マスコミの報道

     もう一つは 医療システムと言うか 医師会会長さんたちの発言


    それらはなんとかならないものなのか????


    そんな事ばかり考えるのは ほんと いやーな感じである。

    CIVID-19


      このエントリーをはてなブックマークに追加

     先に書いておきますが LCCピーチを愛用し名字が**(小生と同じ)である某氏が2度目の逮捕という報道が出ておりますが、小生とは全く無関係ですので。



     小生ゴルフはほぼしたことがないのだが(かつて中国で無理やり連れて行かれたことがあるが)プロゴルフの中継はたまに見てしまう。若かりし頃は夜中に全英オープンを見続けるなんてこともしていたが。。。


     2021年のマスターズ選手権は 松山選手が優勝した。彼にとっては初挑戦から10年、日本人としては85年目の快挙である。

     素直におめでとうと祝福したい。


    さて それに関連する報道で少し違和感のあるものがあった。

     「これ大好き!!」 松山英樹、歴史的Vの裏で世界が称賛した「超感動!」のシーンとは

    FireShot Capture 1070

    アメリカのスポーツチャンネル ESPN がツイートしたものだそうで、松山選手のキャディである早藤将太さんが、松山選手がウイニングパットを終えグリーンから引き上げた後 持っていたピンをカップに挿すと、キャップを脱ぎ、コースに向かって一礼したというシーンである。

     ESPNのツイートがこれ


    で 小生が違和感があるのはそのツイートを日本の報道機関がこぞって報道するという部分である。

     これって 「日本」報道機関が喜んで報道するべきことでしょうか?? 日本人の矜持として誰もが持ち得る礼儀としてあり得るものなのでは???

    外国の報道機関がそういう行動を称賛してくれることに違和感はないのだが 日本の報道機関が同様に報道するというのに何か 違うのでは???と感じてしまう。


    ゴルフに限らず 多くのスポーツで選手・関係者はグランドや土俵その他のスポーツフィールドとそれを整備してくれる裏方の人たちに対して 感謝の意を込め頭を下げるのではなかろうか?

    外国の人にとってそれは異質のものであるかもしれませんが 日本の報道機関って外国の人たちと同じようなレベルで 我々の行動を観察しているのであろうか?


     

    話はかなり昔に遡る。
     1989年10月12日 西武ライオンズと近鉄バッファローズが優勝をかけたダブルヘッダーに望んだ際 両チームの4番バッターの出来が勝敗を決したことがある。  

    近鉄の4番はラルフ・ブライアント選手であり 西武は清原和博選手であった。

    ブライアントは第1試合で3打席連続本塁打を放ち、一人でチームの全6点を叩き出し第二試合でも本塁打を放ったが、清原は結果を残せなかった。


    試合終了後 ベンチで呆然とグランドを見続ける清原選手 他の選手が全員引き上げたことにようやく気が付き 立ち上がった清原選手はおもむろに グランドに頭を下げた。


     日本人の矜持として自然にグランドに頭を下げたのであろう。

     早藤キャディも清原選手もその瞬間は何も考えず自然に頭を垂れたのだと思う。


    その自然さを日本の報道機関が喜び勇んで報道するのは如何なものか???


    自然な(日本人としての矜持でした)行為を無にしかねない 


    そう感じるこやじである。

    このページのトップヘ